2017年12月05日

謎ネジ

おはようございます、おじさんです。

いいお天気の火曜日です。
ちょっと寒いですかね。
おじさんは全く寒くありません。
それというのも早朝からコンロ周りの大掃除をしたからです。
ゴトクとゴトクの間の鋳鉄のスペーサーがあるのですが、このうちのひとつがクソ重たい。
洗うのも大変。
腕がやられそうになります。
というか、微妙な感じです。

昨日Facebookにあげた件。
その生ハムスライサーはどうにか動かせる状態にまで復旧。
復旧というか現状維持。
本体裏側にある、締め付けネジが何かの拍子で緩んだのだろうと思いながらちょっと前から使ってました。
厚さが決まらんなーと思いながら、ガタガタしたまま使ってた。
でもどうにも我慢ならんくらいになってきたので、昨日はひっくり返して分解。
ところが厚さ調節関係のパーツが複雑に入り組んでいて手間がかかる。
しかも隣り合ったボルトがサイズ違いで、いちいち工具を交換しなおす面倒くささ。
圧巻は規格違い。
原因と思われるところに1本だけ異端児が紛れ込んでいた。
なぜMサイズのキャップボルトばかりなのに、この1つだけが違うのか。
サイズ違いではないのでどうにもならず。
一番近いサイズで回してみようかと思ったけど、強く締まっているのでナメそうで怖い。
で、ユニディに走る。
想像通り、そんな規格の工具は無いですわ。
どこの国の誰がこんな規格のネジを作ったのか。
これを締め付ける工具はオリジナルなのか。
触られたくないところを特殊工具でのみ対応するネジは多く存在します。
でもこれは違うわ。
ただの六角穴のキャップボルトでしかない。
結局、ええいままよと一番近いサイズで回してみた。
イヤな手ごたえを感じながらも回った。
妙な爽快感。
でも今度はその六角穴にソケットが食い込んで外れない。
規格違いで回すとこうなるか、ナメるかのどっちかだ。
あの手この手でようやくソケットを外す。
そしてバラしたパーツの再組立て。
この問題のボルトは、今度はそこそこのトルクで締め付けておいた。
でないとまたソケットが外れなくなって無限ループだ。

こうして定休日の午前中をまるつぶしにした生ハムスライサー。
結局元の状態とほとんど変わらず今も厨房に。
一体どこがおかしいのかそれは未だに不明。

さて、今週も頑張りますか。
ちなみに来週の月曜日は営業いたします。
お席がたっぷりございますのでどうぞー。

では!
 



















posted by レ・サルデ at 11:17| 営業日記

2017年12月03日

凄すぎてボイジャー

おはようございます、おじさんです。

晴れましたね。
日曜日がこんなお天気だと遠くにお出かけしたくなりますね。
出かけるような元手も体力もありませんが…。

朝から超ワクワクするニュースを見つけてしまいました。
アメリカの無人探査機ボイジャー1号のエンジンを37年ぶりに噴射させた、というのですわ。
ボイジャーなんて、めっちゃ懐かしい!久々に聞いたわ!
って思ったら、1977年に打ち上げられたそうな。
おじさんの子供の頃、かなりニュースになってたので今でも覚えています。
驚いたのはいくつものポイント。
まず、200億キロというとんでもなく遠く離れたところのものを遠隔操作なんてできるんかい!
単純にここですわ。
今、ボイジャーの居るところは「太陽圏」という我々地球など、1週間でおなじみの有名な星々(月は定休日です)のあるところの遥か彼方。
「星間空間」というまさに何もないところだそうな。
足の親指の爪が遠くて切るのが大変というレベルではないのだ。
こんなところにあるものを遠隔操作する。
しかも無人機。
ストレートに驚く。
次にこれが1977年に打ち上げられたものだということ。
おじさんが子供の頃、コンピュータなんてなかった。
ワープロも大学生になって見たかな?
卒論は富士通のオアシスで書きました。
当時からヘソ曲がりで多数派の書院を使わず。
キーボード配列のマニアなオアシスをチョイス。
それはともなく、そんな時代。
もちろんインターネットなんて言葉も聞いたことが無かったです。
そんな時代に打ち上げられたものを操作かよ、と。
37年間動かしていなかったエンジンが再稼働でっせ。
車庫に1年眠っていた車だって動かない。
バッテリーがー、オイルがー、とか生ぬるい。
とてつもなく過酷な条件下にさらされている探査機を見習えといいたい。
車庫なんて温室同然。
とにかくこの点も驚嘆する。

これらを統合すると、この報道は怪しいと考えざるを得ない。
こんなことあるかいな、と。
NASAの発表は常に何かの理由で政治的に動くことが多い。
おじさんは何か陰謀が隠されていると踏んでいる。
いよいよ開戦かとにらんでいるけどどうでしょうか。

さ、それでは良い日曜日を。
では!
 












posted by レ・サルデ at 08:40| 営業日記

2017年12月02日

イエティは熊なんかじゃない

おはようございます、おじさんです。

なんか晴れましたね。
とりあえず良かったですわ。
曇りの天気は雨の次に嫌いですから。

さて。
先月末にひとつのニュースを見つけました。
Y!ニュースをチェックしていたときのものです。

「雪男」の正体はやはりクマだった──。

記事にはそう書いてありました。
「やはり」と書くということは、想定する多くの読者も薄々感づいていたという前提なのでしょう。
実はおじさんも薄々そうではないかと疑っていました。
そう思うようになったのは2013年からです。
当時、同じような発表があって、非常に驚いたものです。
雪男「イエティ」はクマなんかじゃない。
イエティはイエティだ。
昔からそう疑いもしていなかったので専門家の研究発表には驚かされました。
DNA鑑定の結果まで突きつけられると、これはもう観念するしかありませんでした。
そして、当時はこんな記事を書いたものです。
http://le-sarde.sblo.jp/article/78461429.html
※今読むと恥ずかしい

未確認動物、地球に空いた大穴、UFO、新種生物、そういったものが大好物。
前人未踏の地があって、未知の種族がまだどこかにあるのかと想像しただけで出発したくなります。
しますよね?普通。
だから今回のニュース「改めて言うけどアレは熊だからね」みたいな念押し研究発表は残念。
非常に悲しい。
おじさんがスポンサーだったらこういった研究の予算は打ち切りますわ。
アマゾンの前人未踏の奥地に巨大な穴を探しに行く探検隊に予算は付ける。
でもその探検隊が「そんなものは無かった」と発表するなら即打ち切りですわ。

ニュース記事でも「やはり」と書くくらいなんだから、もうダメ押ししなくても良かったのに。
薄っすらと「もしかしたらイエティかも」くらいのかすかな希望を持ち続けたかった。
その小さな灯火が消えた。
でも大丈夫、イエティは我々の心の中に生き続けている。
イエティは熊なんかじゃない。

今日は「」が多かったな。
それでは今日もよろしくお願いいたします。
では!

 



posted by レ・サルデ at 09:26| 営業日記