2018年04月20日

カラスとおじさんの知恵比べ

おはようございます、おじさんです。

今朝のなんと気持ちのいいことか。
快温、快湿、快風。
3快王。

昨日からカラスが急増。
一斉に孵化したのか大量発生です。
店の近所で一番ひどいのが、文化堂付近の中華料理店前。
なぜか生ごみを閉店後に出して帰るのか、もうそこはカラスのパラダイス。
無数のカラスが集結してちょっとしたホラー映画。
そこをカラスに遠慮しながら駅へ向かう通勤者たち。

昨年も今頃、こんなのを書いていました。
http://le-sarde.sblo.jp/article/179099016.html
過ごしやすい季節になると出てくるのでしょうか。
正直なところ、カラスがおじさんの為になっているかといえばそんなことはありません。
では居なくなってしまえばいいかと言えば、はっきりと「そうだ」と答えると批判されそうだから言わない。
別になにもしてこなければいいだけ。
ただ放置してたらやられるから、事業系ゴミの収集車が来る頃を見計らってごみ出ししても、そのわずかな時間にやられる。
ならば、と超ギリギリに店頭に置くと、すでに収集車が行ってしまったり。
収集車も道路を走ってるのだから、サルデに到着する時間には幅がある。
こんなのはしょうがない。
ではどうするか。
カラスどもをブチのめすしかない。
徹底抗戦だ。
おじさんとカラス、どっちが勝つか。
知恵比べだ。
でもたぶん知恵比べしたら負ける。

そういう時はGoogle先生にお知恵拝借だ。
調べてみると、オレンジ色はカラスが〜とか出てきた。
でも、そんな生ぬるいことなんてハナから考えていない。
銃の使用は幸警察が許可してくれないだろう。
ボウガンなども往来で使用すると通行人への影響が懸念されるからイカンらしい。
弓も使ったこと無いから、より大きな的である通行人を射ってしまうだろう。
では毒殺か。
生ごみに毒を入れる。
食べたカラスが巣に持ち帰って幼虫までも殺す。
でも、これも通行人が間違って食べてしまった場合、そして最悪死んでしまったらその責任を問われてしまうだろう。
もう発砲ふさがりだ。

コンドルなどの猛禽類を飼育する。
これも導入、維持とコストがかかる。
そこでおじさんはハブ退治の話を思い出しましたよ。
飼育なんかしなくていいんだわ。
コンドルを野に放つ。
もしくはイヌワシでもいい。
より大きな白頭ワシなんか、アメリカっぽくてかっこいいかもしれない。
ああ、イヌワシいいね。
絶滅が心配されているらしいじゃないですか。
おじさんが手厚く見守るし、餌となるカラスもここには豊富。
安心して子育てもしてもらえる。
ウィンウィン。
今すぐにでもイヌワシの捕獲に出かけたい。

なんでこんなに言っているのかって?
そりゃあなたが新品のズボンにべちゃっとやられた事が無いから分からんのですよ。
クジラ殺すな!の人たちと同じ。
食べてみたらめっちゃ美味しくて考えが変わっていく。
一度ズボンにやられてみたらいい。
同じ気持ちになるから。
数年ぶりに頭に血が上ったわ。
動脈瘤が逝ったかもしれんくらいにね。

それでは良い金曜日をお過ごしください。
では!

 






















posted by レ・サルデ at 09:42| 営業日記

2018年04月19日

新しい仕事着

おはようございます、おじさんです。

早朝はかなり曇っていましたが、いきなり晴れてきました。
やっぱり晴れはいい感じですね。

おじさん、新しいズボンをおろしました。
まさか在庫しているとは思わなかったのですが、ホールスタッフ用の着替えを探していたら出てきました。
早速履きましたよ。
今までのは即ゴミ箱行きです。
もう1〜2本出てくるといいんだけどそうはいかないか。
コックコートもたくさん出てきました。
しかも新品が。
今まで何してたのかおじさんは。
これも順次更新していこうかなと思います。
まっさらなおじさんになって、開店当初の気分になれるといいな。
それには余りにも歳を取り過ぎたかもしれませんね。
死に装束といった方がふさわしいかもしれません。

さ、今日も元気に行きましょう。
では! 
 

posted by レ・サルデ at 09:09| 営業日記

2018年04月18日

ヤな夢

おはようございます、おじさんです。

雨ですね雨。
こんなのジタバタしたってしかたない。
「神様の言う通り」ですよ。

昨夜、夢を見ました。
なんとおじさんが死ぬ夢です。
こんな酷い夢があるでしょうか。
詳しく書けば、第三者視点でおじさんが死んでしまうのを見た、ってことです。
舞台はどこかの市街地。
全体的に荒廃した、ゾンビ映画に出てくるような街です。
そこでおじさんはレースをしている。
ラゾーナの手押しカートを押しながらマラソンするレース。
途中は覚えていません。
一位ではなく、割とビリに近いようなポジションでゴールするのが現実と酷似しています。
そこらへんが妙にリアル。
で、ヘトヘトになってゴールしたおじさんはその場でバッタリ。
死んでしまいました。
でも誰も助けてくれません。
死んでしまったのだから仕方ないと思っているのか、ただ気づかないだけなのか。
主催者は何をやっているのか!で、目が覚めました。
死んではいませんでした。
心臓がバクバクしてましたから。
3時頃だったと思います。
そこから夢の事を調べたり、隔日で発生する口内炎のことを調べたり。
夢は願望を表すらしいですね。
空を飛ぶ夢は欲求を、特に抑圧された性的欲求を表しているそうです。
ほんまかいなと思うけど、いろいろなサイトに共通していますね。
すると世の中の人間の約80%が毎晩空を飛ぶ夢を見ていることになる。
飛んでる最中にあの人やアノ人とニアミスしているだろう。
「あら清〇さんこんにちはー」
「水〇さん今日のフライトはどうですか」
「垣〇さんお久しぶりです」
空は毎日大混雑。
羽田以上に大盛況。
で、再入眠できなくなって調べまくった結果、自分が死ぬ夢は「良い夢」らしいということになりました。
まぁ「死ぬ夢を見た人は一両日中に死ぬ」なんてなかなか書けないでしょうけど。
ホントはそうだけど書けない、つまり死んでしまうのかも。
ああ、やっぱり死ぬのか。
そうかそうなのか。

さ、今日も一日頑張りましょう。
では!
 

















posted by レ・サルデ at 09:50| 営業日記