2019年05月17日

白い長靴を愛した男

おはようございます、おじさんです。

今朝もいいお天気。
朝から暑いくらいで体力の消耗が激しいです。

さて。
奇しくもちょうど2か月前、こんな話題を記事にしました。
http://le-sarde.sblo.jp/article/185724849.html
「働く男の長靴が好き」
こうして逮捕された足立区の53歳。
そうです、彼がまたまたやってくれました。
これは大物になる予感です。
朝日新聞デジタルからちょっと引用してみましょう。

*****
容疑者宅から見つかった長靴はすべて白色で、「白しか盗まない」と説明。
一方、盗んだ長靴を352足とメモしており、
確認できない81足については「においがしなくなったので捨てた」と話しているという。
*****

記事には53歳とありましたから、お誕生日は来ていなかったんですね。
冬産まれなのかな?
そんな事はどうでもいいか。
とにかく彼、正統派ヘンタイさんですね。
典型的な特徴を擁しています。
まず、前回同様また長靴。
革靴じゃダメなんですよ彼は。
しかも白。
このこだわり。
白い長靴が大好物というか、それしか愛せない。
メモを取るってのも男のヘンタイ紳士の特徴です。
分類する、そして整理する。
あの校長先生もそうでした。
ニオイがしなくなるとあっさり捨てるというこの潔さ。
急に興味が無くなる。
これも特徴。
それにしても352足もの長靴を置くってのも広大なスペースが必要なような気がします。
不動産屋さん前にあるスーモ人形を収集してたやつもうそうだけど、意外とお金持ちなのか?
長靴専用部屋が必要でしょうな。
帰宅する。
シャワーでも浴びて、缶ビールをプシュッと。
ひと息ついて、秘密の部屋のドアノブに手を伸ばす。
ニオイの充満したしたその部屋は彼の憩いのパラダイス。
どんな顔してたのか。
これからしばらくは冷たい殺風景な部屋に入るのでしょうけどすぐ出てくるでしょうこんな罪では。
そしてまた白い長靴を集める。
断言する。
こういう性癖は治らない。
側溝に入り続ける彼のように何度でもやる。

それでは今日も頑張りましょう。
では!

 













posted by レ・サルデ at 09:32| 営業日記