2018年07月04日

知ってる先生に診られる恥ずかしさ

おはようございます、おじさんです。

今朝は風が強くて雲の動きが早いです。
右に行ったり左に行ったり。
そんなことないか。

昨日は病院に行ったので夜はお休みでした。
薬が切れてしまっていたのですが、病院に行くタイミングが無くて悪化しつつあるところでした。
どうにもならなくなった昨日、思い切って行ってきました。
それにしても待ちますね。
予約とはなんだったのか。
こんなセリフをいつも書いてるな。
http://le-sarde.sblo.jp/article/183232000.html
呼ばれて診察室に入って先生はビックリ。
サルデの昔からの常連さんですから。
こちらは予約時から分かってました。
電話受付の人が「〇〇先生で**時にご予約を」って言ってましたから。
でも先生はおじさんの名前をご存じない。
こんな仕事で本名を名乗ることもないし。
おじさんの大量の胃袋画像をパソコンの画面で見られるのは恥ずかしかった。
向こうは商売なんだろうけど、なんか粘膜って恥ずかしいよね。
気のせいかもしれないけど。

そういうワケで今週もよろしくお願いいたします。
では!

 








posted by レ・サルデ at 08:55| 営業日記