2017年09月30日

見舞い

おはようございます、おじさんです。

曇りですね。
では、晴れればいいのかって話ですがね。

先日、夜の営業を休んだ。
計画的に休んだのではなく、急に休んだ。
休んで実父の見舞いに行った。
悪い予感がして、もうこれが最後なんじゃないか、そんな気がして店を休んで向かった。
急に思い立ったので、連絡もせず。
集中治療室に入ってると噂には聞いていたが、そんなところにはいつまでも居るわけでもなく、すでに出てきていた。
もちろん部屋番号なぞわからないので、病棟の端からしらみつぶしにすることに。
それにしても面会の受付ほど意味のないものはない。
相手の名前、自分の名前、そんな情報を書き込み、首からぶら下げるアレをもらう。
面会者を装った暗殺を防止するつもりなのだろうが、こちらの身分を正しく照会することもない。
何か記録でもつけてるのだろうか。
さて、しらみつぶしに探すつもりが、あっけなく部屋は見つかる。
病室に名札が掲示されていたのですぐにそれとわかった。
しかし、病室にはおらず、集会場のようなところを探す。
ようやく見つけた。
何度となく通り過ぎた車いすの前。
それが父だった。
相当に久しぶりだったので、父親でも全く気付かなかった。
声をかけるも、最初はおじさんを理解してもらえなかったのでお互い様か。
自分の名前を名のるのは恥ずかしい。
色々な管につながれていて、でも誰かが押すのであろう車いすに座っていられるならばまだマシなのだろうか。
あまり長居するのもナンだと思い、お土産のお茶を病室に置いて後にした。
ラゾーナで買った三國屋善五郎というところのお茶だ。
絶対飲まないだろうと思ったが、手ぶらというのも気が引けるので買った。
ただ、お茶なら喉に詰まったりしないと思った。

積もる話もあるかもしれないが、おそらく負担になるだろう。
それにああいった場所に長居できるほどおじさんは図太くない。
葬儀会場にも似た、独特な雰囲気に負けた。
帰り道、ラーメンを食べた後に小さく変わり果てた父を思い出した。
昔とずいぶんと変わり、バリバリ働いていたころの面影もなくなっていた。
たぶんこれが最後なんだろうと思って帰宅した。
なぜかそんな予感がしている。

さ、週末です。
よろしくお願いいたします。
では!


posted by レ・サルデ at 08:24| 営業日記