2017年07月27日

灰色を通り越して黒くなった脳細胞アガサ

おはようございます、おじさんです。

どんより曇り空。
「どんより」と言えば、「うどんよりそばが好き」。
これを思い出します。

もう、おじさんは色々とおかしくなっているのかもしれません。
今回の左手首、慢性的な左肘。
そんなダメな左腕をかばって変調をきたす右腕。
たぶん脳の血管が詰まってるであろう、延々と続く頭痛。
毎月1回は割れてまともに歩けなくなる踵。
セガールのように沈黙を続ける我が愚息。
ついに昨夜はとんでもないことが。
「**テーブルは人数そろってないよね?」
おじさんはホール担当に聞いてみた。
お揃いでないなら、別テーブルを先にやるつもりだった。
すでに前菜がいくつか出ていたので。
「お揃いです」
そんな返事が。
あまりの混乱っぷりに詳細は忘れたので要約を。
とにかくおじさんが言い間違いをしたらしい。
「おじさん、さっき**テーブルって言いましたよ?」
「いや、そんなこと言ってない」
酷くショックでした。
言い間違い、勘違いをするのはよくあること。
でもそれを「ああそうか、間違ってしまったわ」と思えなかった。
「そんな事言ってない!」
そう思ってしまった。
自分の間違いを認められなかった。
これは脳みそがおかしくなっている証左だ。
老人特有の意固地な思考。
もうダメですわ。

では。









posted by レ・サルデ at 09:19| 営業日記