2016年06月11日

ここで綿棒紹介〜!

おはようございます、おじさんです。

梅雨明けのキモチイイ朝。
夏本番行為は禁止。

さて。
ついさっきの話。
起きてシャワーして、体を軽く拭いているときに、左耳がめちゃくちゃムズムズした。
こりゃ虫か何か(だいたいは虫であることが多い)かと思い、まずは小指でゴソゴソ。
でもまだ激しくむずがゆい。
ここで綿棒の登場。
おじさんは赤ちゃん綿棒が大好き。
細いやつです。
それを透明の円筒ケースから1本取り出す。
で、そーっと入れていく。
が、何も起こらない。
しかし不思議なことにあれほど痒かったのが解消された。
もったいないので、綿棒の反対側も使う。
どこまで奥に入るか早朝の挑戦である。
赤ちゃん綿棒を愛用する理由はこの1点のみ。
ギリギリ限界まで奥を攻めることができる。
目を閉じ、神経を集中させる。
頭の中は図鑑の耳の断面図。
あと2センチ。
あと1センチ。
まだいける。

p3_01b.jpg

おそらくもう綿棒の先の綿の毛羽立った一部が鼓膜に触れているのではないかという感覚が耳小骨を伝わって感じられる。
ここで誰かに声をかけられたらアウト。
うっかりくしゃみなぞしてもアウト。
赤ちゃん綿棒は蝸牛を突き破って脳に達するだろう。
と、そんな激しい緊張感で震えながら綿棒を操作する。
「もうダメだ!!!!」
ここで挑戦は終了。
おじさんの負けである。
土曜の朝からグッタリ。

さ、皆様も良い週末をお過ごしください。
では!

 



posted by レ・サルデ at 08:27| 営業日記