2021年07月31日

祝☆痛風完治☆祝

おはようございます、おじさんです。

今朝は雲っていますが、それでも暑さは一人前。
気温が下がる気配はありません。

今朝は寝坊してしまいました。
いつもは3時頃に起きるのに、一度起きてからいつのまにかまた眠ってしまいました。
5時頃に起きて、お茶を飲んでゴロゴロしなはらニュースサイトを漁っていたら、また寝てしまったようです。
あわてて飛び起きてお店にすっ飛んできて、素っ裸だったことに気づき、戻りました。
というのはまぁ冗談ですが。

さて。
昨日まであんなにギッタンバッコンしながら歩き、常に「痛てて痛てて」と口走っていたおじさん。
なんと、さっき気づいたのですが、さほど痛くなくなってるんです。
痛風が完治したようです。
でもよく見てみると、まだ腫れは引いていないですね。
左足と比べると1.2倍程度に大きくなっています。
とはいえ、初期の頃の約70〜80倍にまで腫れあがった右足とは比較にもなりません。
痛みもほぼ解消されたとなっては、こんな腫れは誤差範囲と言えるでしょう。
しかしまたいつ痛風発作が襲ってくるかと考えると恐ろしいです。
その恐怖たるや。
それを考えると夜しか眠れないです。

それでは今日も日本チャチャチャ。
では!














posted by おじさん at 08:42| 営業日記

2021年07月30日

世界を救うのは愛なんかじゃない、3倍体ヒラメだ

おはようございます、おじさんです。

今朝も暑いスタートとなりました。
これは確実に気温30度を超えて来そうですね。
湿度、気温の二冠達成かもしれません。

面白いニュースを発見しました。
何かと話題になっている福島の原発処理水放流の件。
汚染水でなく処理水だそうですが、隣国が騒いでますね。
そもそも未だに福島近海の海産物などを輸入停止してるくらいですからね、処理水の放流にもクレーム入れてくるのは自然の成り行き。
事故原発周辺の農水産物は線量調査されてて、しかもずっと長い間にわたって基準値以下。
処理水だってIAEAがOKって言ってる。
でも隣国さんは、ね。
ゆすりたかりのネタ探しに一生懸命です。
そんなこともあってか、東電が処理水をつかって面白い実験をするそうな。
なんとその水でヒラメを飼育するという。

あ、今ゲリラ豪雨が!
店の前をサラリーウーマンが濡れて歩いてます。
こりゃ災難ですな。

飼育したヒラメが無事に成長するようだったら「ホラ、安全でしょ♪」とやりたいのでしょうね。
しかしヒラメもかわいそうですな。
いつも日韓の間で板挟みになってます。
韓国は「福島特産であるヒラメは放射能に汚染されているニダ!」と。
日本は「韓国産ヒラメはクドアが発見されたから今年も規制な!」と。
板挟みで文字通りペッタンコ。
まぁそれは今回はいいとして。

おじさんはこの実験を楽しみにしています。
画期的な実験になる可能性を秘めている、さらには世界を救う一大プロジェクトに発展するのではないかと期待しています。
ご存知のように、現在世界では将来の我々の食料をどうするか、ということが議論されています。
昆虫は効率の良いたんぱく源!なぞといったキモチワルイ話はほぼ現実です。
マジでやめて欲しい。
虫を食べるくらいなら潔く餓死を選びます。
おじさんみたいな人は多いようで、そんなギモヂワルイものを食べる前に、今の食べ物をもっと効率よく収穫・生産できないかと考え日夜努力。
魚の養殖でも畑の大豆でもずっと昔からやってきました。
そんな中、今回の実験ですよ。

ヒラメが巨大化したら儲けもんですよ、コレ。
ゴジラだって設定がそうだったはず。
矮小化しないで巨大化するんですよ。
おじさん、釣りをしてたから知ってるんだけど、ヒラメって実は外房あたりだと1mになるのは珍しくない。
通称「ザブトン」って言われるクラスです。
70cmクラスだったら釣ったことあるくらい珍しくないです。
(この時はちょうどキャンプの合間に乗った船で釣ってしまい、どうにもならずに泣く泣くプレゼントしました。)
で、東電が飼育したヒラメが2mくらいになったらどうよ。
大量の切り身が取れますよ。
刺身でヨシ、焼いてヨシ、フライなんかもいいですね。
さらにですよ。
長野県の技術をここに導入。
3倍体を作り出す。
ヒラメはそもそも倍体の技術が確立されているから問題なし。
流通しているかどうかは知らんけど。
ニジマスは有名ですよね。
人為的に染色体をチョチョっとしてニジマスを巨大化なんて大昔からやって、ちゃんと商品化させてますからね。
遺伝子操作じゃないからグズグズ言われることも無い。
繁殖能力も無いから万が一逃げても自然下では一代限りで環境破壊も心配なし。
この技術と処理水効果でヒラメの3倍体をさらに大きくする。
オヒョウなんか軽く超え、5mくらいの巨大ヒラメを作り出す。
しかも安全なんだから文句なし。

本題はここからです。
これが各化学誌に発表され、世界で注目。
一気に福島県産3倍体ヒラメは脚光を浴びます。
注文が殺到。
食味の良さと低価格、安定供給でマクドナルドのフィレオフィッシュバーガーはこれに置き換わる。
ホットモットのお弁当に入ってるおじさんの好きな白身魚フライもこれになる。
スシローだけじゃないですよ、喜ぶのは。
福島には3倍体ヒラメ御殿が建つ。
地元の再生です。
もうこうなると生産は福島だけでは追いつきません。
アフリカ、中東の広大砂漠地帯で生産開始。
水の心配?
そんなもの不要ですよ。
だって福島には大量の処理水があふれんばかりにあるんですから。
そう、これがメインテーマ。
わざわざ砂漠に組み上げる海水なんか必要ないんですよ。
大型タンカーは処理水を運び、石油を積んで帰ってきます。
それもこれも伊藤忠商事が全て段取りをしますので心配ご無用。
こうして無事に処理水は無くなり、世界の食糧事情は解消。
全方位でハッピー。
この案、どうでしょうか。
とある省庁の方が読者さんなのは知ってます。
読んでますよね?ね?
おじさんにアイディア料よろしくお願いします。
川崎信用金庫 御幸支店 普)以下省略、ですからね。

それでは今日もゲリラ豪雨、最近は線状降水帯というのでしょうか、それに気を付けて元気に行きましょう。
緊急事態宣言?
もう力尽きそうですけどどうでもよくなってきました気が抜けました。
では!












































































posted by おじさん at 08:54| 営業日記

2021年07月29日

不審者登録されていた

おはようございます、おじさんです。

色々な意味でアツい夏ですね。
ニッポンが凄すぎる。

さて。
昨日のお話の続きでも書きましょうか。
興味ないかもしれませんが。
ア〇ティコカフェ・ア〇アビスさんです。
お店のコンセプトはイタリアのバールを再現とおっしゃっています。
川崎だとアゼリアの地下、エスカレーター降りたすぐのいい場所にありますね。
エンジ色をテーマカラーにしているのでしょうか、ちょっとオトナな雰囲気の落ち着いたお店。
各店舗ともに確かに雰囲気はイタリアらしいし、いい感じです。
価格もできるだけイタリアに近づけているようで、いい印象ですね。
で、お味の方なのですが、ここもなかなかいいのではないでしょうか。
イタリアのエスプレッソがイメージされていますし、シアトル系のお店とはまるで違います。
でも毎回、際立つ「何か」を見つけることができません。
なんでしょうか。
スタッフの技術的なレベルはそこそこ高いです。
所作を見るに高度に訓練されているように感じます。
マシンの扱いだって、使用前も使用後もちゃんとしている。
タンピングも上手にこなしているし、抽出速度だってドンピシャ。
どのお店舗でもそう。
これは凄い事だと思いますよ。
でも際立つものが毎回見つけられない。
万人受け、これが大事なのでしょうか。
毎日飲んで飽きない味、と考えておられる可能性もありますね。
でもとにかくイタリア色が強いということ、これにはおじさんポイントが付与されます。
マシンはなんだったかな?w
横浜店はラ・チンバリだったような、ぼんやりした記憶。
川崎店のグラインダーはマッツァーのスーパージョリーだったか?
なぜか覚えていないです。
エスプレッソ共々、印象が薄いけど、まぁおじさんの脳みそのメモリーの問題でしょうね。
こっちは印象薄くても、あちらさんはそうではないようです。
「〇〇店とかにもご来店になってますよね?」
目を付けられていたようです。
不審者として各店舗に通知が行きわたっていたのでしょうか。
20代後半と思しきかわいらしい、でもしっかりしていそうなバリスタです。
「いつも香りをチェックしてるから覚えてます」
そんな言葉をきっかけに、マシンの事や豆の事、LINEの連絡先などをお話ししました。
その割に使用マシンを覚えていないというのはどういう事でしょうか。
上の空だった、という事でしょうか。
「ちょっと怖い」
最後に言われたこの言葉は覚えています。
どういう意味なのかは分かりませんが。

それでは今日も頑張れニッポン!
では!

 
posted by おじさん at 09:09| 営業日記