2021年04月23日

さぁやるぞ、そろそろやるか、もう五時だ

おはようございます、おじさんです。

今朝も暖かいですね。
このまま暖かいワケがない、これはワナ。
ワナ。
ワナ。
ザ・ピーナッツ。

昨日ここに書いた鼻ですが、今日はいくぶんマシになってきました。
特に弟子に踏ませたワケでもなく、薬を飲んだワケでもなく、ただいじり倒していただけなんですが。
自分の治癒力というか、ハンドパワー?に少々驚いています。

さて。
このコロナ禍もこんだけ長いと正直ウンザリしてきましたね。
正直、もうどうでも良くなりました。
生まれた瞬間から常に誰かに助けられて生きてきました。
出会ったみんなが優しくしてくれました。
誰もが優しかった。
まるで両手を広げた無原罪のマリアのようでした。
でも、それを当然のように思って生きてきた自分が悪いの。
今度ばかりは神奈川県にやられましたわ。
だいたいね、

ダメだ!
またこの話になってしまった!
せっかく違う話題から入ったのに!
明から始まり、「さて」で暗に転じてしまった。
暗から始まれば良かったのか。
「さて」がダメだったか。

さて。
ホームページができないです。
ネットでは「誰でも」とか「簡単」とか、ネットではWordpressを使ってのHP作成がそんな風に紹介されています。
でもそんなのウソだった。
誰でもでもなければ簡単でもないじゃないか。
まぁおじさんがそういうのにダマされやすいというのがあるんでしょうけど。
そういう体質なんですよ。
信じちゃう。
協力金出します、とか言われちゃうと信じちゃう。
お上が言うんだから間違いない、って。
でもそんなのウソじゃないか。
今回だって「詳細は未定です」で、休ませるんじゃないか。
危ない!
また脱線しちゃうとこだった。
そう、HP作成の話でした。
とは言え、投げ出すのもイヤなので仕上げますけどね。
ヤルと言ったらヤルのだ。
でも、コードとかわからんからイチからやってます。
幸いなことに、黄金週間はうちのIT担当が助けに来てくれることになってます。
報酬は飲食無料という暗黙の条件があるんです。
これで突破口が開ければ5月中には新HPが出来上がるはず。
また難関にブチ当たって停滞するんだろうけど。
でも頑張ってみる。
ヒマだし。

それでは今日も頑張りましょう。
お互い生きのびましょう。
では!

 




posted by おじさん at 08:09| 営業日記

2021年04月22日

耳の次は鼻の話

おはようございます、おじさんです。

今朝も暖かいを通り越して、暑いといった印象を受けた朝でした。
日本のインド化が加速しているようです。

二話連続して耳の事を書いたら嫉妬されたようです。
鼻、に。
未明、無意識のうちに何気なく顔を触ると激痛。
鼻が痛い。
その尋常ならざる痛みに急いで起き上がって洗面所(お風呂場の手前に鏡がある)へ。
なんと鼻が倍くらいに腫れあがっているではあ〜りませんか(ご冥福をお祈りいたします。好きでもなかったです)。
芥川龍之介は京都の坊さんじゃなくて、おじさんのコレを見てから書いた方が良かったのでは?
そう思わせるような腫れっぷり。
ハチに刺されたような記憶も無いし(記憶なくても実は刺されてた可能性)。
寝ている間に毒でも?
そう思ったけどまだ動いてる。
原因不明の奇病です。
新さっぽろ脳神経外科病院に行って「一日も早く」診てもらわなきゃならんかも。
特に右の鼻の孔から空気を吸い込むことはできません。
窒息の恐れにビクビクしつつ、金魚のように口をパクパクさせながらお店にたどり着きました。
どうせマスクしてるから誰も気づかない。
口も鼻も。
なんか薬でも飲むかと思ったけど、鼻の腫れを引かせるようなそんな都合のいい薬は持ち合わせていない。
生まれ変わるなら富山県人がオススメ。
とにかくこれ以上重症化しないように、ただただ祈るだけです。
「鼻だけね」
鏡を見た時、こんな事を言われたのを思い出しました。

それでは今日もウィルスの弾幕をかいくぐって生き残りましょう。
では!

〜追記〜
飲食業界しか知らんけど、都内各店は狼狽している模様。
1日100万以上の家賃、多数のスタッフを抱える、そんなのが普通の各店は「何も詳細が決まってない」とオロオロしてるところも。
そら数万円なんて焼石ですわな。
閉店情報も聞いてしまいました(どこか名乗りを上げるのか)。
こっちも急いで県に問合せしましたよ。
「詳細未定」だそうです苦笑
でもとにかく20時に閉店しろ、ですと。
ですので我々も20時閉店となります。
こりゃ昼メシ抜きのブッ通し営業か?
またアレをやるのか?笑
よろしくお願いいたします。




posted by おじさん at 09:08| 営業日記

2021年04月21日

左耳には何かがある

おはようございます、おじさんです。

あ、そこは「おじいさんじゃないんだ」。
そう思ったのは賢い読者さん。
それはともかく暑い朝です。

昨日、もはや悪口しか聞こえてこない、そんなような事を書きました。
耳の話、です。
気になったのでちょっと過去記事を調べました。
引用します(文字数稼ぎの手抜きです)。

*****
タイトル:ここで綿棒紹介〜!

おはようございます、おじさんです。

梅雨明けのキモチイイ朝。
夏本番行為は禁止。

さて。
ついさっきの話。
起きてシャワーして、体を軽く拭いているときに、左耳がめちゃくちゃムズムズした。
こりゃ虫か何か(だいたいは虫であることが多い)かと思い、まずは小指でゴソゴソ。
でもまだ激しくむずがゆい。
ここで綿棒の登場。
おじさんは赤ちゃん綿棒が大好き。
細いやつです。
それを透明の円筒ケースから1本取り出す。
で、そーっと入れていく。
が、何も起こらない。
しかし不思議なことにあれほど痒かったのが解消された。
もったいないので、綿棒の反対側も使う。
どこまで奥に入るか早朝の挑戦である。
赤ちゃん綿棒を愛用する理由はこの1点のみ。
ギリギリ限界まで奥を攻めることができる。
目を閉じ、神経を集中させる。
頭の中は図鑑の耳の断面図。
あと2センチ。
あと1センチ。
まだいける。

p3_01b.jpgp3_01b.jpg

おそらくもう綿棒の先の綿の毛羽立った一部が鼓膜に触れているのではないかという感覚が耳小骨を伝わって感じられる。
ここで誰かに声をかけられたらアウト。
うっかりくしゃみなぞしてもアウト。
赤ちゃん綿棒は蝸牛を突き破って脳に達するだろう。
と、そんな激しい緊張感で震えながら綿棒を操作する。
「もうダメだ!!!!」
ここで挑戦は終了。
おじさんの負けである。
土曜の朝からグッタリ。

さ、皆様も良い週末をお過ごしください。
では!
*****

こんなバカな事を5年前に書き散らかしていた。
おおいに反省せねばなるまい。
しかし文体というか脳みその構造というか、今とほとんど変わっていないところを見ると進歩はしていないんですね。
まぁこの年ですからね、退化する事があっても進化はしないか。
冒頭に戻ります。
何がちょっと気になったのか、と言いますと。
昨日引用した記事も今引用した記事も同じ「左耳」だという事です。
「同じ左耳」という意味ではないです。
そんなの同じに決まってます。
同じ左耳を話題にしてる、という事です。
左耳になにかあるのでしょうか。

そんなのはどうでもよい。
今日と明日はお休みになります。
よろしくお願いいたします。
では!
 
posted by おじさん at 08:31| 営業日記