2021年04月30日

引用≒ネタ無し

おはようございます、おじさんです。

今朝は一転していいお天気です。
行楽日和ですね。
実にゴールデンウィークらしい。
皆さん外出するのでしょう。

特に書くことがありません。
もう神奈川県にいじめられている話は気持ちが荒れるので書きません。
ニュースも面白いのが無かったです。
昨日の浦島太郎の話は昔に書いてましたね。
ちょっと引用して過去を振り返りましょう(先日「振り返らない」って言ったよね)。

*****
(前略)
それに付随して浦島太郎のお話を思い出しました。
こういう昔話は教訓めいたものがオチに含まれていることが多いですね。
欲張るといいことないぞ、という「雀の話」とか、
正直に申告しないと没収されちゃう「斧の話」とか。

で、浦島太郎のお話。
これは何がポイントかというと、

 1.弱いものいじめはいけないよ
 2.開けちゃダメって言われたものは、絶対開けるな絶対に

この2点ということですね。
1.は良いとして、問題は2.ですね。
なぜ開けてはいけないような玉手箱を浦島太郎浦島太郎に渡したのか、乙姫様たちは。
ここが問題でしょうね。

カメを助けた浦島太郎は、竜宮城に招待されます。
ここで飲めや歌えやの宴会が繰り広げられ、歓待されます。
ヒラメやタイの舞い踊りを楽しみながら、ヒラメやタイの刺身をつまみにワインなど。
※ここら辺もどうなってるのか?まさか肉類なんて竜宮城にないだろう。
また、これはおじさんの勘繰りなのだが、乙姫様たちからの「特殊な接待」もあったにちがいない。
絶対にあったにちがいない。
気が付いたら何日も経っていたんだし、無い方がおかしい。
あったと考える方が至極自然である。
うらやましいぞ、浦島太郎。
今日から「うらやまし太郎」と改名だ。

ま、それはともかく。
そして、うらやま・・・浦島太郎は帰り間際に土産をもらう。
絶対開けてはいけないと言われていた土産なのだが、彼は開けてしまう(そりゃそうだ)。
煙がモクモクと立ち上り、浦島太郎はおじいさんになってしまう。
たしかここで話は終わったはずと思う。
しかし、最後になんでこんな嫌がらせを受けたのだろうか、それが疑問だ。
いきなり老人にさせられてしまう事の恐ろしさよ。
カメを助けた当時、まだ若かった浦島太郎に十分な貯蓄などなかったろう。
そんな彼がいきなり老人になってしまうのだ。
充分な蓄えもなく、面倒を見てくれる子供も居ない。
これはヒドい仕打ちと言えよう。

したがって、この話にはもう一つの教訓が含まれるとすると、

 3.なにがあってもいいように若いうちから老後の計画をしておくこと

という事だろうか。


さて、今日のレ・サルデは定休日。
カメでも探しに行きたいところなんですが。。。。

では手(パー)
*****

これを書いたのが2012年10月。
つまり開店して3ヶ月後。
開店当初からこんなアホな事に時間を使っていたのか。
しかもここでは省略したけど「おはようございます、おじさんです」から始まってる。
絵文字を使ってたけど(文字化けしてるけど最後にもありますね)。
全く進歩がありません。
これは早急に考えなくてはなりませんね。
と、いうことで引用してみたら己の進歩の無さに驚いた、というお話で今日は終わりたいと思います。

それではインドを教訓にしっかりマスクして頑張りましょう。
では!

 



posted by おじさん at 07:36| 営業日記

2021年04月29日

おじさん(本名:浦島太郎)

おはようございます、おじさんです。

今朝は雨ですね。
これからちょっと悪くなるみたいですね。
傘が必要かもしれませんよ、おっかさん。

くだらないオヤジギャグで始まった大型連休の初日です。
ちょっと面白いニュースを見つけました。
宇宙関連はお好きじゃない、って方もこれにはピクンとくるのではないでしょうか。
アポロ11号の搭乗員のマイケルがお亡くなりになったそうです。
そうかーもう月に降り立って50年以上だもんな、と。
それが最初の感想でした。
ん90歳?
ここ。
ここに反応してしまいました。
彼の歩んだ人生は本当に90年だったのか、という疑問です。
「彼の人生」という言い方をすれば、それは間違いなく90年です。
これらを含め、以降は細かな数字を無視して概算でお話しします。
ホントは秒単位であって概算のお話しじゃないんですが。。。
この「彼の90年」は我々の90年ではない、という件です。
60秒×60分×24時間×365日×90年、ではない。

中学生に進学した直後に人生を放棄しました。
ヤケクソになり中二病と反抗期の相乗効果で一切の勉強を捨ててしまいました。
音楽に熱帯魚に花火に没頭。
その頃に勉強もせずに本も読みまくったのですが、その中の1冊に激しく影響を。
あのアインシュタインです。
もちろん日本語のわかりやすく書かれた解説書です。
勘のいい読者さんであれば、アポロの話になぜおじさんの中学生時代を持ち出したかお気づきでしょう。
そう、双子のパラドクスとか浦島現象。
これらの言葉を数十年ぶりに思い出したからです。
たったこの記事をちょっと読んだだけでよみがえる遠い過去の記憶。
1年前に食べたランチの内容でさえ忘れてしまうのに、こんな40年も前の記憶が鮮明に。
脳の中ってどうなっているんでしょうか。
本当に不思議ですね。
さて、双子のパラドクスや浦島現象ですが、一応ここに簡単に書いておきます。
特殊相対性理論で言われていることのひとつに、
「物体の速度が高速に近い程、その物体における時間の進行は遅い」
という有名なアレが含まれているのはご存知の通り。
マイケルはロケットという超スピードの乗り物で月を往復した。
この速度は最も光に近い速度を持つ乗り物で、マイケルはその速度を持っていたことになる。
と、いうことは、帰って来た時マイケルは地球に居た我々と同じ時間を過ごしていない事になる。
例の理屈で言えば、マイケルの時間の進み方は遅かったワケだから。
つまりマイケルと同時に生まれたかもしれない地球の誰かより、マイケルは若い、ということに。
しかし、とここで逆説するからパラドクス。
浦島太郎のお話しになるんです。
あの昔話は実話。
彼の乗った亀は実はアポロだった!
タイやヒラメの舞い踊りは実は宇宙人の歓迎ダンス!

書けば書くほど専門家に指摘されそうでアホが露呈するからもうやめます。
あとはご自身でお調べになってください。
うーん続きを書きたいけどやめとくかー。
興味なさそう。。。

それでは今日もよろしくお願いいたします。
では!

 
posted by おじさん at 08:31| 営業日記

2021年04月28日

一件落着

おはようございます、おじさんです。

今朝もいいお天気ですね。
春らしく少しは荒れたらいいのにね。

今朝の寝床スマホで衝撃のニュースを読んでしまいました。
詳細は書かれていなかったですが、もうタイトルだけでスマホを落としそうになりました。
「紀州のドンファン」が殺されたあの事件を皆様も覚えておられるでしょう。
3年前、おじさんはもうこの事件を解明していました。
http://le-sarde.sblo.jp/article/183469522.html
和歌山県警の依頼を受け、秘密裏に捜査に強力してきました。
こうしてひとつ、世間のお役にたてたのは微笑ましい限り。
亡くなったホトケも浮かぶことでしょう。
身体は子供、頭脳も子供、その名は幸町のコナンことおじさん。

もうこういうのはヤメよう。
そう思ってたのに。
こんなフザケた事を2800回以上もやってきたんだから、まぁそんなすぐには変わらないでしょうな。
それでは今日から息止めてアルコールなしでいきましょう。
では!

※本日は休業です(げ、月末なんで・・・)。
 

posted by おじさん at 08:54| 営業日記