2020年09月15日

いったい今まで何匹の蚊を殺してしまったんだろう

おはようございます、おじさんです。

今朝はいいお天気じゃないですか。
こんな青空は数日ぶりじゃないでしょうか。

昨日は定休日にもかかわらず、このブログを更新。
「休日は書かない」を決めてから数年経ちますが、ちょっと飲んでたってこともあって珍しく書いてしまいました。
すいませんでした。

さて。
何を書こう。
最近、ネタに困っています。
菅さんという大きなネタがあるじゃないか、と言われるかもしれない。
でもバ〇は政治の話をしてはならない、という不文律があるのでそれは無し。
よく知らないし、書けない。
街のヘンタイさんも小物ばかりで取るに足らない。
側溝男くらいのエンタープライズ級の漢は出てこないのか。
「おしっこ高価買取中」のチラシ男くらいじゃ記事にできない。
ヘタレの多い世の中になったモンです。
あ。
そう言えばネタを思い出しました。
この前、テレビで虫よけスプレーの宣伝をしてました。
場面はキャンプ場で、周囲の藪にシュッとすると蚊が来なくなるという優れもの。
外なんだから風が吹いているだろうにそれでも効くんかいな、そう思ったけど頭のいい人たちが寄ってたかって研究して作って大手企業さんが発売してるんだから効くんだろう。
話しはそれるけど、なんでゴキブリ駆除スプレーのコマーシャルは外人さんが研究している風の作りなんでしょうか、昔から疑問です。
黒いゴキブリと白人の色的なコントラストがテレビ映え?
黒VS白、といった人種間のアレをメタファとしているの?
白は正義!みたいな?
そういや洗濯洗剤もそんなようなところありますよね。
巧妙な差別表現なのか。
こうして脱線は続くよどこまでも。
虫よけスプレーに話を強引に戻します。
この屋外でも効くスプレー。
なぜ藪に向かって噴射するなぞといった、いちいち面倒な事をするのだろうか。
そこがわからない。
自分の顔とか体に直接スプレーすればより効果的なのではないか。
どこへ移動しても常にバリヤが張られている状態をキープできるのではないか。
藪にスプレーしたって、炊事場に洗い物に行ったらそこにもスプレーせにゃいかんじゃないか。
トイレに行ってもそこでスプレー。
薪集めに行ってもそこでスプレー。
それだったら自分にスプレーしたほうが効率いいでしょう。
顔だって目をつぶってやればいいんだし、日光に当たると衣服にシミがー、なんて言うなら裸になって全身くまなくスプレーすればよいだけの話。
テントあるんだから。
東京理科大の大学院とか卒業してそんなのがわからんのかと。

という事で買ってきました。
青いノーマットのやつ。
別にチクチクしたりしないけど、ちょっとニオイが気になるね。
悪臭ってのとは違うんですが、化学薬品臭というか、顔にすべきではなかったです。
一番刺されたくないのが顔なんだから、いいニオイにすべきでしょう。
シャネルの5番のように体にシュッとしたくなるようないいニオイにすればいいのに。
まぁ人のニオイの趣味は多様ですから断定するのもナンですが。
商品企画部も自社研究所と打ち合わせしないのでしょうか。
マーケ部も消費者が欲しがっているものを開発に役立てないのでしょうか。
まるでダメだわ。
おじさんを採用してみたら売上爆増ですよ。
ま、とにかく今日は蚊に刺されないで済みます。
おじさんの体は蚊のドリンクバーじゃない。

それでは今日もよろしくお願いいたします。
では!
 




























posted by おじさん at 09:40| 営業日記