2020年05月11日

何十回目かの痩せます宣言

おはようございます、おじさんです。

夜中の大雨凄かったですね。
でも今朝は快晴です。
昨日はこの記事を書き終えてから店外に出たら小雨が。
嗚呼、またいい加減な事を書いてしまったな、と。

コロナばっかで話すことも尽きました。
定休日だし、今日はちょっと違う事を話しましょう。

ちょっと痩せようかと思っています。
ズボンが苦しくなった、というのがそう思う最大の理由です。
特に生活習慣病の予防とか、そんなの気にしているんじゃないんです。
ズボンが苦しい、というはっきりと実感できる事象でないと行動に移せない。
健康がーとか、将来的にーとか、そういう賢さは持ち合わせていないんです。
以前ここで高らかに宣言し、体重変化を逐次報告していましたね。
覚えておられるでしょうか。
結局(想像通り)挫折したのですが、あれは「ここに体重を報告しなくてはしなくてはしなくては」という強迫にも似たシャブ中患者に類するような精神状態に陥ったことが敗因と考えています。
無理のないダイエット。
パスカルか誰かの名言。
今でもよく言われる言葉です。
だから今回そんな数値は書かないでおこうと思うんですわ。
特に今回、そもそも体重の減少が目的でないじゃないか、そう思うワケですよ。
ズボンが苦しい、その一点のみで始めるんです。
という事は、そもそも方法は二つしかないんですよ。
ひとつは大きなズボンの購入。
もうひとつは腹囲の減少。
それ以外に方法があるのでしょうか。
「お腹が苦しい」と感じる脳の一部を破壊するという方法もあるっちゃありますが、なんか怖い。
ひとつめ、これはもう最終手段でしょう。
一番最初に繰り出す手ではないですね。
でも一番効果があってしかも恐らく安上がり。
問題は二番目です。
腹囲の減少。
これだ。
でもズボンが苦しいだけなんだから、つまりは腹囲だけが減少すればよろしい。
3キロくらいお腹のお肉がなくなればいい。
その分のお肉が顔に行っても目的は達成できたと言えるのだ。
身体全体の体重が減る必要はない。
と、いうことでまた薬に頼ります。
前回は勢いで大瓶の薬を購入(半分以上残ってる)したけど今回は小袋の薬を購入。
大正製薬の「おなかの脂肪が気になるかたのタブレット」というやつです。
今回は有名メーカーの製品なので効果が見込めます。
小袋なので飲み切った達成感もあるでしょう(前のは大瓶すぎていくら飲んでも減らずゲンナリした)。
ということで次回お会いした時にはほっそりしたおじさんをご披露いたします。
やせ薬でほっそりするのが早いか、コロナでげっそりするのが早いか(げっそりというか死んでるんじゃないか)。
こうご期待です。

それでは今週も感染に注意して頑張りましょう。
では!

 















posted by レ・サルデ at 08:34| 営業日記