2019年08月08日

予約以外の電話

おはようございます、おじさんです。

相変わらず気温が高いですね。
アズキバーでさえ5分で溶けるレベル。
いや、あれは1時間くらい溶けないか。

店には色々な電話がかかってきます。
予約以外にもね。
いや、予約でないような電話の方が多いかもしれません。
お肉を切っている最中に電話が鳴る。
急いでグローブを外し、受話器を取る。
この作業に手間取って、取った瞬間に切れることが多い。
手を洗ったり、色々してから電話取るから。
※だから長めに鳴らしてくださいね。
で、取ったらなに「不動産の投資の件でお電話しましたー」。
そんなお金は無いわ!
新しいグローブを取り出して作業を続行。
このニトリルグローブだって安くは無いんだ。
と、ブツブツ言いながら包丁を握る。
そこにまた電話が。。。

こういった営業電話はいくつかに大別されます。
1.節約系
電気代を安くします、プロバイダを乗り換えると安くなります、そういったもの。
節約は大事。
でも電話で話を聞いていても長くなるだけだし、いますぐ比較なんてできないから仕様書かなんかをFAXしてくれというとほとんどが送ってこない。
これはなぜなんだ?
謎である。
2.グルメサイト勧誘
一番多いのが食●ログの代理店から。
公式ページの契約が欲しいらしい。
もともと悪いクチコミしかないようなところと契約なんかせん。
ウチの悪い評価をどうしてお金を払って宣伝しなければならんのか。
この点を伝えると、どうやらやり方があるらしい。
店の評価点なんてどうにでもなるのね。
だから「独自のアルゴリズム」と称して採点基準を公開しないのか。
ふーん、である。
3.産直販売
どういったリストを使っているのかしらんけど、産直の産物を使わないか?といった電話も来る。
〇〇産の豚、〇〇産の果物など、生産者に近い人がオペレーターを雇っているのか、そういったやり方でかけてくる。
これは何度か仕入れた事がある。
でもお試しで仕入れする量だと、送料とかそういうの考えると割高になったりする。
定期的に大量に仕入れるんだったらいいのでしょうけど。

ここに新たな手法の電話が最近になって増えてきました。
これはまた明日にでも。

では!


 













posted by レ・サルデ at 11:16| 営業日記