2019年05月31日

子供を守れ

おはようございます、おじさんです。

曇っていますね。
そりゃ曇りの日もありますわな。

園児が殺されました。
ついこのあいだ滋賀県であったと思ったら川崎でも。
園児じゃないけど池袋でも母子もろとも轢き殺されました。
小さな子供が死に過ぎる。
おじさんのように死ぬ死ぬ言ってていまだに生きてる一方、愛され未来ある子供が意味もなく死んでしまう。
日本の損失が過ぎます。
さぁどうしよう。
ああいった人間を隔離するのがいいのでしょうか。
隔離されそうな側の人間が言うのもナンですが。
通り魔的な殺人だけじゃないから、だからおじさんを隔離するだけじゃ不十分。
おじさんは一つ提案します。
「子供を隔離する」
お外は危険がいっぱい。
だから隔離するのは子供。
大人は外界でやるかやられるかのバトルロワイヤル。
そんな世界から子供を隔離します。
「お散歩させないとー」
バーチャルでやりましょう。
「運動だってしないとー」
ルームランナーの極低速版を開発してもらう。
そんなの簡単でしょ。
「お外の空気だってー」
シャープのナノ空気清浄機が花粉、PM2.5、黄砂から守ってくれる。
「狭い空間はストレスがー」
だれが狭いって?
お散歩コースより広い体育館を用意します。
体育館は15階建て。
地域の子供たちを収容。
地下は駐車場。
1〜3階は体育館。
4〜6階は、病院、教室、遊戯室、実験室など。
それより上は分譲の住居として販売。
賃貸は危険な要素があるからNG。
屋上は救急ヘリOKの構造。
これで大丈夫。
通り魔、暴走車に殺されることも無く安全安心。
完璧。

それでは良い一日をお過ごすください。
ではq









posted by レ・サルデ at 09:35| 営業日記