2019年05月26日

胃袋チェンジ無料

おはようございます、おじさんです。

暑い。
すっごく暑い、ですね。

【閲覧注意】
読んでいて気持ちのいいものでもない事を書きますのでご注意ください。
「だったらわざわざ書くなよ」
って言われそうですが、そもそもこんなブログを読んで人生の無駄使いしている、そんなマニアしか読者さんじゃないからいいかな、と。
今までだって削除寸前のようなことばかり書いてきましたし、今さら、ですよね。
昨日「貧血がー」と書きました。
それからしばらくしてのことです。
ランチの仕込みも終盤。
展示用のお菓子を作っていた時の事です。
マジパンをこねこねしていたその時、急に胃袋に不快感が。
急いでトイレに行きました。

出ました。
例の桃屋の「ごはんですよ」。
そんなのを食べたのは数年前、記憶にないくらい。
でも出てきました。
やはり胃袋から血が出ていたんですね。
まぁこんなのは慣れっこなんで驚きもしないのですが、とにかく立っていられないのがつらくてね。
ちょっと夜のご予約もあったことだし、ランチをやめて奥で横になっていました。
そこへお医者さんが。
このタイミング。
まさに往診!(笑
「それ血が胃酸と反応してるんだよ」
「病院へ行きなさい」
そう言い残し、手土産を置いて引返していかれました。
激辛だという外国土産。
たぶんショック療法のおつもりなのでしょう。
せっかくなのに悪い事したなと思っているうちに寝てしまいました。
夜の開店準備ギリギリまで横になって、胃薬を飲み貧血薬を飲みユンケルを飲み、そしてキッチンへ。
なんとかできそう。
始まると脳が勝手に指令を出してくる。
ほぼ満席をこなし、終了。
腕がヤバい。
途中「ショップカードの差入」という珍事があったけど、それに対するお礼も言えず。

一夜明けて。
今朝は起き上がれた。
もっと高級なユンケルを飲めば良かったのかもしれないけど結構なお値段するし、そうそう買えない。
10本入って500円くらいのキンヨーファイトというニセ薬2本で貧血薬を流し込む。
焼き肉屋さん行ってレバー食べないと。
鉄分補給。
同時にプリン体も補給。
そして痛風が悪化するという地獄ループ。
痛いんですよねー痛風になると。
足が痛くて立ってられない。
あれ、ちょうどいいのか。

さ、それでは良い日曜日をお過ごしください。
では!

 

































posted by レ・サルデ at 09:33| 営業日記