2019年04月28日

手がつったのは初めてです

おはようございます、おじさんです。

コレは快晴。
見事な五月みどり晴れですね。

信じられない事が起こりました。
ピンクレディーの歌詞にある「信ーんじられっないぃ、事ぉばぁかあぁりぃあるのぉ」みたいな。
一昨夜のやゆちゃんに続き、昨日はバリスタが来ました。
もうこれは念押しというかダメ押しというか、とにかく押されているのは間違いないですね。
確実です。

さて。
昨日、17時ちょっと過ぎの出来事。
仕込みももう最後。
一番最初のご予約は18時だったかな、なんて考えながらフープロのボウルを左手で持ち上げた時です。
激しく左指がけいれんし、激痛が。
指が強く曲がり、握ったボウルを離せなくなりました。
俗にいう「つる」という症状です。
足だとこむら返りとか言いますけど、指がなったのは初めてです。
ほどなくしておさまりましたが、なんでこんなに痛いのでしょうか。
野球選手とかたまに足をつって他の選手に伸ばしてもらっているのを見ますが、苦痛にゆがんでますよね顔が。
マジで痛い。
サッカー選手はいつも痛がっているからよくわかりませんが。
で、なんでこんなことになったのか、ちょっと調べてみました。
おじさんはちょっと具合が悪くなると、まず主治医のGoogle先生に診てもらいますが、いつも「癌」とか診察されてしまうので油断できません(そしてアフラックなどの広告がやたらに表示されるんです)。
またもや指癌とか言われるのかと思いましたが、でも今回は大丈夫でした。
ただ「高齢」という単語がやたら出てきました。
これはもう高齢ゆえになる症状の好例といったところでしょうか。
だったら仕方ないですね。

それでは良い日曜日をお過ごしください。
黄金週間いいなー。
雷雨になればいいのにと思っていましたが、こんないいお天気ですよ。
行楽地でスリにやられたり、テロが起こらなければいいですね。
休みたいなぁ。
では





posted by レ・サルデ at 09:50| 営業日記