2019年03月28日

対岸?いや隣家が火事

おはようございます、おじさんです。

快晴の朝ですね、ってそんなのどうでもいいんです。
花粉の事もどうでもいいんです。

火事ですよ火事。
昨夜、24時半くらいだtったでしょうか、もの凄い音量と数のサイレンに驚かされました。
すわ敵が来た!と、ベランダに出ると下の道路を埋めつくす消防車。
外の空気が臭い。
どこどこ???と太鼓の達人よろしくキョロキョロするも火の手は見えず。
玄関の方に出てみると、なんと隣のマンションが燃えていました。
隣って言っても道路なんか隔てていない、まさに真横。
最上階の角部屋。
すぐ目の前斜め上。
非常階段を駆け上る消防隊員たち。
バリバリと何かを破壊する音。
壊して侵入しようとしたのでしょうか、階下にそれらの破片が落下して大きな音をたてていました。
落下物が一部、階下の車に当たっていたような音がしていましたが、おじさんは車を持っていないのでセーフ。
消火の一部始終を見ていたかったのですが、おじさんのフロアのお隣さんたちが火事よりこっちを見ていました。
そう、おじさんパンツ一丁だったのです。
でもパンツはいてたのでセーフ。
まだ全裸で寝るには早かったので命拾いしました。
それはともかく、消防隊の方々もご苦労さまですよね、一杯飲んでさぁ寝ようかなんて時に緊急出動ですよ。
真っ暗な中、寝ぼけまなこで消防車運転しながら現場に急行。
頭が下がる思いです。
燃える部屋に突入して消火。
命がけですよ、自分のせいでもないのに。
映画、バックドラフトの世界。
消火してホッとするのもつかの間、足元に転がる焼死体を袋に入れて運び出す。
火元はどこか、軽く検証でもするのでしょうか、ようやく後の事を引き継ぎして帰宅。
シャワーして飲みなおして、ようやくお休みでしょうか。
こういうお仕事は大変ですなぁ。
皆様も火の元には十分ご注意ください。
それにしてもこのあたり、火事が多い。
数か月前にも裏手の新築マンションの一階が燃えていた。
他にもあるんですわ。
なんかあるのかと疑うレベル。

さ、それでは今日も頑張りましょう。
では!

 



posted by レ・サルデ at 09:21| 営業日記