2018年12月05日

ニートな脳

おはようございます、おじさんです。

雨、上がりましたね。
降っていてもどうでもいいのですが。

何を書こうか。
全く頭が働きません。
いつも働いていないけれど、それにも増して今朝は働かない。
働かないニート脳。
階下の心臓から養分を送ってもらうだけのニート。
自分専用の部屋に堅く守られ、一番えらそうにしている。
上からドンと指令を送ると自動的に養分が送られてくる。
「文句あるの?お前の機能止めたろか?動脈瘤を自爆させたろか?」
それに怯え、ただ養分を送る年老いた心臓。
かわいそう。
かわいそうな心臓。
ニート脳がまだ子供のころからずっと面倒を見てきたのに。
暖かかく見守ってきたのに。
独りで大きくなったような動かない口だけのニート脳に比べ、片時も休むことなくひたすら働き続ける心臓。
そろそろ休ませてあげたい。

それでは皆様良い一日を。
では!

 









posted by レ・サルデ at 09:16| 営業日記