2018年11月25日

新しい包丁

おはようございます、おじさんです。

今朝はスッキリ晴れたようですね。
昨日はナンだかよくわからないような空模様でしたが。

新しい包丁が欲しいです。
その理由としてはいくつかあるんです。
1.気分転換
新しい道具ってワクワクさせられるんですよね。
特に刃物。
刃物ってどうしてこんなにワクワクさせてくれちゃうのでしょうか。
急に料理が上手になった勘違いをさせてくれたりもします。
2.道具好き
おじさんは道具フェチだから、ちょっと変わった道具なんかを見つけると買っちゃう。
結局一度使ってそのままお蔵入りなんてのも珍しくない。
ここらあたり多くの方々と同じでそういったところがあります。
それは刃物でも同じ。
だからちょっと変わった鋼材のものを買ってみようかと。
和鋼なんて面白いかも。
3.研ぎ心地
半年くらい前に買ったサーモンが研いでみたら良かった。
砥石のアタリが良くて研いでいて気持ちいい。
その後、メインの牛刀を研ぐとちょっと違和感。
次に仕上げ砥でサーモンを研ぐ。
いい。
そして牛刀を仕上げ砥に。
アレ??
鋼の違いは研ぎ心地が違うってのはそんなの知ってるつもりだったけど、でも気持ちよく研ぎたい。
そんなのは研ぎを日課にないてる人なら同じように思ってるはず。

開店から使っている愛着のあるメインの牛刀。
わざと短いのを買って、奥行きの狭い調理場で振り回してきた。
でもそれもちょっと短かくなってきてしまってね。
物足りなく感じることがあって、でももうひとつ上のサイズだと長すぎる。
大物さばくなら手にするけど営業中は使えない。
そこで中間長さが欲しくなってきた。
で、どうせならってことでバランスだけでなく研ぎ心地なんかも満足させたい。
鋼材を変えて気分も変えたい。
そんな理由たちがあるんですわ。

問題はいつ買いに行くか、ですわ。
もう12月になっちゃうわ(笑)

それではよい日曜日をお過ごしください。
では!

 









posted by レ・サルデ at 08:50| 営業日記