2018年11月22日

北方領土プリン体問題

おはようございます、おじさんです。

雨は上がったようですが、今日は止んだり上がったりとの予報ですね。
三度笠が手放せないかもしれませんね。

突然ですが。
北方領土が話題になっていました。
おじさんはあの島々が日本に帰ってきたらいいなと思いますわ。
凛とした空気と豊かな自然。
そしてそこに住む動物たち。
興味が薄いです。
寒いところは好きじゃないので、やはりそれに伴って興味がそそられないんです。
それよりそのあたりの豊富な水産資源に興味があるんです。
今だって日ロ漁業協定かなんかで操業ができたり、周辺近海でロシアが水揚げしたものが輸入されています。
でも北方領土が戻ってきたら、そんな面倒な事をすっ飛ばしていい。
獲って運ぶ。
国内流通なんでシンプルです。
獲って獲って獲りまくってガンガンこっちへ送ってくれ。
もっとプリン体を送ってくれ。
そういうことです。

今年のお正月は数の子1.5キロは食べたいな。
毎年1キロだけど、ちょっと寂しい。
余談ですが、さっき「プリン体を送ってくれ」と書いたけど、カズノコのプリン体は少ないらしいですよ。
同じく大好きなスジコも。
うどん、そば並らしい。
だから安心して食べています。
たらこ、明太子はプリン体が豊富なので、必要な人には効率よく摂取できますよ。

それでは今日もよろしくお願いいたします。
では!

 











posted by レ・サルデ at 08:30| 営業日記