2018年11月18日

概ねいい人生だった

おはようございます、おじさんです。

今朝も晴れましたね。
雨より晴れの方がいいですね。

いい人生とは何か。
昨日はそんな事を考えさせられる日でした。
小さく産まれる。
乳児期に手術。
いつまで経っても一般的な大きさに成長しない息子にありったけの愛情を注いだ両親。
もしかしたらその頃が人生で一番の絶頂期だったのかもしれない。
学生時代はどうだったろうか。
今はどうなんだろうか。
いい人生なんて最後の最後、死ぬときに決まるのだろう。
最後に一発逆転あるかもしれない。
誰が決めるのかなんてそんなものは無く、自分で決めるのでしょうな。
勝手に決めていい。
今際のきわで「ああいい人生だった」と思えばそう決まるってことか。
気は持ちようっていう事ですな。
そう思えばいいのだろうけど、死ぬときってそんな事考えられるのかな。
おじさん場合はたぶん動脈瘤がプツンとして3分ほどジタバタして死ぬんだろうからそんな事考える暇は無いと予測。
だから今のうちから決めておきたい。
いい人生だったのかそうでなかったのか、を。

それで皆様、良い日曜日をお過ごしください。
では!

 



posted by レ・サルデ at 09:31| 営業日記