2018年10月23日

ズボン探し

おはようございます、氷室京介です。

今日は霧雨の朝。
朝イチからコンロの大掃除、グリスト掃除などをしていたらこんな時間になってしまいました。
ただいまの時刻、午前10:03分です。

今朝は出掛け間際にちょっとした騒動がありました。
おじさんの仕事用ズボンが無くなっていたのです。
黒くて短いアレ、です。
1本しか無くてどうにもならないってワケではなく、もちろん数本の持ち合わせはあるのです。
でも明らかに1本無いんです。
とりあえずパンツを履き、次いで在庫の1本を履いてから本格的に家探しです。
ありがちなのが「外に干してあった」というパターン。
類似したケースでは「階下に落下していた」というパターン。
でもそれは見当違いでした。
アグネス・チャンの豪邸じゃないんだから、どこかに行ってしまうなんてありえない。
女の子のパンツみたいに小さく丸まって布団の中に紛れ込むなんて事もない。
10分以上は探したでしょうか。
空き巣や天狗の仕業が脳内にチラつき始めた頃、ついに発見スーパーひとしくん人形です。
定位置に仮置きしてあるズボンの前を何度行き来したろうか。
人間の眼球というものは相当な雑魚器官であることを実感しました。

それでは今週もよろしくお願いいたします。
では!

 






posted by レ・サルデ at 10:22| 営業日記