2018年09月15日

ダーウィンもびっくり

おはようございます、おじさんです。

今朝も雨。
水分補給で街路樹が喜んでいます。
これではランチはヒマだろうからおじさんの肘も喜ぶ予定です。

今年の異常な暑さの夏が終わり、異常者も湧き出てきました。
見ましたか、昨日のニュース。
千葉県での出来事ですので、ちょっと引用してみましょう。
Yahooニュースからです。
*****
男子高校生の口の中に指を入れてのどぼとけを押すなどの暴行を加えたとして、
警察は13日、千葉市に住む小学校教諭の男を逮捕しました。
*****
これはなんなんでしょうか。
口の中に指を入れさせる高校生も高校生ですが。
さらに引用。
*****
中村容疑者が帰宅途中の男子生徒に対し、
「歯並びがいい、自分の歯を鏡で見た方が良い」などと声をかけ、
〜中略〜
動機については「性的欲望を満たすため」としたうえで、
「好みの男の子をねらった」
*****
犯人は毎度おなじみの先生。
これについては突っ込みナシ。
今さらなので。
こういう性癖ってどうなのよ。
今までも見たことも聞いたこともありません。
もちろん出会った事もありません。
それより。
この先生の年齢が29歳というからそこに注目したいです。
このくらいの年齢でどうしてこうなった。
エロに目覚めてからたった十数年じゃないか。
ノーマルな内容のAVとか、そんな時期じゃないのか。
だのにその短期間でこれだけ進化してしまった中村先生。
ダーウィンが生きていたら研究対象にするレベルの進化速度。
彼の性歴にいったい何があったのか。
屈曲してしまうような事件があったはず。
そこに非常に興味があります。
おじさんなんかかわいいもんですわ。
修行が足りないと実感。

それでは今日もよろしくお願いいたします。
では!

 





















posted by レ・サルデ at 09:44| 営業日記

2018年09月14日

別々の夢の共通項

おはようございます、おじさんです。

雨のスタートとなった金曜日。
連休の初日感もあって、予約も少なめ。
ちょっとのんびり気分の朝です。
わずかなプレッシャーも感じていますが。

目覚めの悪い、なんとも言えない朝を迎えました。
3時半くらいに目覚め、そこからもう二度と眠れなくなってしまいました。
変な夢をみたんです。
いつもは夢など見ずに、気が付くと朝を迎えるのですが、たまーに夢をみます。
たいていは忘れてしまうのが夢の常ですが、覚えていたり強烈な印象だったりするとここに書き留めています。
昨夜はこんなの。
おじさんは二人の人物と旅行した。
別々に。
まず一人目はローマ旅行。
初めてだというのでローマ市内の観光案内を買って出た。
今でも市内のいたるところにあるローマ時代の崩れた遺跡の、それも細かな隙間を全身砂まみれになりながらどんどん移動していく。
そんなのは観光などではなく、隙間を潜り抜ける訓練のようなことを延々と。
詳細はここでは重要でないので割愛。
次は一転して、京都観光。
今度は別の人物といかにもな京都風の竹林の小路を散策。
今度は落ち着いて、いかにも観光といった体。
でも小路の移動も食事のための店の移動であって、風景を楽しむそれでない。
かつ丼屋さん、何かの洋食屋さんをめぐる。

いったいこれらのどこが変な夢なのか。
夢と言うのは概ね理不尽であったり理解が難いものだったりするじゃないか。
かつ丼とか普段は食べないのに、とかいうのではなく。
実は一見異なる別の夢のようだったけど、登場人物が両方ともおじさんの昔のクライミング仲間だった。
これは奇妙な偶然なのか、それとも。
彼らと連絡が取れなくなって久しい。
おじさんと同様、もうクライミングはやめているだろう。
もしずっとやっていたらそれこそ生きていない。
事実、いつまでもそんなことやってた人々はそれで亡くなっている。
生き続けるためにはそんなことしてちゃいかんのだ。
やめているならきっと生きているはず。
どこで何やってるのか。
会いたくて仕方ないというのとはまた別の、何かこう不思議な気持ち。
そんな気分にさせられた夢をみた。
というお話。

それでは今日も頑張りましょう。
では! 

 





posted by レ・サルデ at 09:39| 営業日記

2018年09月13日

スピードスケート 札幌なおみの登場

おはようございます、おじさんです。

今朝も曇ってるんだか晴れてるんだか、ナンかわからないお天気ですね。
夜には傘マーク出てるし。

さて。
大坂なおみ選手が日本人初の快挙だそうで、ニュースが騒がしいですね。
全くテニスに詳しくないのでアレですが、相当に凄い事だそう。
へそ曲がりのおじさん、実はこのニュースに余り乗れない。
一つは「山梨学院大学方式」のような感じがしてならないから。
どうにも純血種で勝てないと悟ったスポーツ界が、強力な助っ人を導入して勝ったような感じがするからです。
妙な捉え方をされると困るんだけど、おじさんだってグズグズ言われるんだからお互いさまってことで許してもらおう。
もう一つは地域愛から、です。
彼女が「東京なおみ」という名前だったら応援していた。
今よりも、もっともっと。
大阪は好きなんだけど、「もらえるもんはもろうとけ」みたいな、ああいうのが好かんどすえ。
まぁここ川崎もお行儀は良くないけどね。
それはともかく。
彼女の日本語は大好き。
なおみ語録が出版されるのではないかと思うくらいユーモアにあふれている。
語録と言えば、サルデのJKスタッフもあふれている。
「あのテーブルのエビのラグーね」
「え?ヘビのラグー?」
どこにヘビを使うイタリア料理屋があるというのか。
中華料理屋じゃないんだからさ。
語録と言っても、ただの聞き間違いなんですよね。
「おねえちゃんの勤務地はどこなの?」
「え?キムチ?」
大音量のヘッドホンで人殺しゲームばっかやってるからそうなるんだよ?
難聴なんじゃない?
そう言うんだけど認めない。
かわいいから全てが許される。
得な人生イージーモード。
うらやましい。
おじさんだったら「補聴器の電池切れてるんじゃないのクソジジイ!」とか言われるんだろな。

それでは今日もよろしくお願いいたします。
では!

 








posted by レ・サルデ at 09:38| 営業日記