2018年07月05日

13少年漂流記

おはようございます、おじさんです。

パラパラ、といった感じではありません。
バラッ・・・バラッ、というなんか妙な降り方の雨です。
色々なパターンがあるんですね、雨の降り方も。

タイの洞くつで絶望視されていた少年たちの遭難事件が話題ですね。
現場では棺桶まで用意していたという怪情報まで伝わってきましたが、なんと13人全員の生存が確認されたようで、これが盛り上がりをみせています。
じゃぁ救出、はい一件落着、かといえばそうではなく、救出まで相当の時間がかかるっていうじゃない。
「いうじゃない」波田陽区
救助隊が行けるのになんでこんなに時間がかかるのか知らんけど、でも現場がそう言うならそうなんでしょ。
あまり時間がかかって、数人はダメになっちゃいましたなんて事にならなければいいのですが。

それでは今日も頑張りましょう。
では!

 




posted by レ・サルデ at 08:33| 営業日記