2018年05月20日

絶対監視されてるわ間違いない

おはようございます、おじさんです。

快晴ですね。
なんて素晴らしいビューティフルサンデーなんでしょうか。
喝ぁぁっつ!!!!

すっかり人間不信者のおじさんです。
もう誰も彼も、自分でさえ、とにかくホモサピエンスが信じられなくなりました。
パパフランシスコでさえ信じられなくなったかもしれません。
でも面接に来ないってのはもう慣れてきました。

メニューの刷新作業が進みまっん、
一向に進みません。
ちょっと作業すれば電話。
予約は電話で受けてるんだからしょうがない。
カタカタ打ってる手を止めて、一応上書き保存してから走ってデシャップまで行く。
出ると「食べ〇グ代理店のナントカです」。
ナントカ社さんの営業電話。
有料会員になれという例の電話。
お断りして作業再開。
また電話。
「食べ〇グ代理店のカントカです」
またか!と。
一体食べ〇グ代理店ってのは何社あるのか、もしかしたら1社が名前を変えてかけて来てるのか。
さっき断った人が声を変えてかけなおしてきたのかもしれない。
どこかでおじさんの様子を見ていて、電話を切ってパソコンの前に座ったのを確認してから再電話。
そうだな。
なぁそうなんだろ?
そうやって様子を見て笑ってるんだろ?
どこから見てるんだ。
どこにカメラを隠したのか。
どこなんだ。
今だってこれを書いてるおじさんの背中をニヤニヤ見てるんだろ?
そしてそろそろ電話をかけてよこすつもりなんだろ?
こっちがカメラを見つけ出すのが早いか、そっちが電話をかけてくるのが早いか勝負だ。

作ったパスタのページを消したのも誰かにやられた。
ちょっと目を離すと作ったページを消していく。
そんなんだから作業が進まない。
赤いメニューが仕上がらない。

今日はワンオペロックなランチ営業です。
猫の手も借りたいけど、実際に猫の手だけが来てもなぁ。
血だらけの猫の手が来たら怖い。
でも猫の手って何に使うのかキモイ。
では!

 




posted by レ・サルデ at 09:24| 営業日記