2018年05月13日

翌日死刑

おはようございます、おじさんです。

今朝はなんか曇ってますね。
もしかしてコレは曇天か!

新潟の女児殺害事件。
こういう事件を知ると、なんか頭に来ますわ。
仏のおじさんが阿修羅原になる。
まーだ捕まっていないようですね犯人は。
なんとも痛ましいじけんですが、こういうの一向に無くなりませんね。
いたいけな女児殺害。
まぁ無くならないんだろうけど無くして欲しいですね。
仮に明日に捕まったとしたら、火曜日には死刑でいいんじゃないでしょうか。
人権とかそういうのもあるから即日死刑はやめた方がいいですよね。
名前は知らないけど人権団体と称する人たちの立場もあるでしょう。
だから翌日死刑。
免許とかじゃないんだから即日はちょっとね。
ご飯も提供しなくてはならないだろうし、留置するにも費用がかかる。
よく話題になることですけど。
昔から「お役所仕事」って言葉があって、遅いだの杓子定規だの言われていました。
それでも「すぐやる課」みたいなのが昔は話題になったり、今だってかなりのスピード感でサービスが提供されてると思いますよ。
民間企業だってなんでも早くなってる。
ところが裁判ってどうなの?と思っちゃうワケですよおじさんのような素人は。
昔の事件の裁判をまだやってたり。
なかなか死刑にならないから甘い気持ちで殺人とかしちゃうんじゃね?とも思っちゃう。
人を殺したら翌日に死刑。
中には冤罪の可能性もあるから慎重に死刑しなきゃならないでしょうけど。
でも何年も何やってんだと。
慎重に慎重を重ねて死刑の判決をするのは大事。
でも決めなきゃスパっと。
「判決を言い渡す。死刑。はい解散」
こんなのしなくてもいいんじゃなかろか。
書類だけ。
皆の時間のムダ。

そんな事言ったら怒られるんだろうなぁ。
だからなかなか言えないけど。
でもみんなも思ってるんじゃないかなと想像するけどどうなんでしょ。

ああ、早く明日になーれ。
では!
 

















posted by レ・サルデ at 10:05| 営業日記