2018年02月28日

スタッフ募集

おはようございます、おじさんです。

晴れていると言えるような言えないような。
遠くは見えませんが、これが春の大気なのでしょう。
今日で2月も終わり、です。

1906
この数字が何のことだかわかる人はいらっしゃいますか?
ちょっと難しいかもしれません。
これがわかった方はお電話をください。
先着2名様に素敵な商品をプレゼントいたします。
0120-333-906

さて。
なんでこんなことを書いたのか。
昔からの読者さんだったら薄々感づいておられると思いますが、そう、ネタが思いつかないんです。
さっき家に帰ったばかりだというのに、もう店に居る。
これにやられています。
洗い物もゴッソリ残ってる。
今から急いでやらないとランチが間に合わなくなっちゃん。
前夜が遅くなると多くの場合、ランチの開店に間に合わなくなる。
これがどうにもならん。
どんなに遅くなっても後片付けしてから帰宅すればいいのかと言えば、そうは問屋さんが卸さない。
グラスなどでお湯を使ったりすれば店外に設置したボイラーが音を。
ワイングラスなどはお湯でないとスッキリ洗えない。
お皿やカトラリーなどを洗う食洗器だってそこそこの音がする。
テーブル配置を直すのなんてもってのほか。
静かにできることなんてたかが知れてる。
深夜の電話。
まーたクレーム。
そうなる前に、では帰ろう、となる。
ビクビクしながらシャッターを下ろす。
では早朝から再開できるのかと言えば、それはまたダメ。
「朝っぱらからなにやってだ!」
となるワケですわ。
限定的な時間で何とかするしかない。

だれかバイトしてくれないかなぁ。
委細面談。
よろしくお願いいたします。
では!
 





posted by レ・サルデ at 09:09| 営業日記

2018年02月27日

首から上がすげ代わった

おはようございます、おじさんです。

今朝も曇ってますね。
明るいけど曇ってる。
そんな一日のスタートです。

何を書こうか未明まで考えていたけど、今こうしてPCの前に座るとそれらをすっかり忘れてしまいました。
なんと無駄な時間を費やしてしまったことか。
昨夜は何度も寝たり起きたりを繰り返し、質の高い睡眠をとることができずに朝を迎えてしまいました。
頭髪をバッサリしたもんだから脳が驚いてしまったのかもしれませんね。
ああ、じゃぁそれを書きますか(いつもこんな感じで進行します)。

昨日、ちょっと隙間時間ができたので散髪を。
「今日はどうしますか?」
いつもこんなことを聞かれるのだけれども、こっちは髪型の専門家でもないのではっきりとした答えはできないです。
実は頭髪にはあまり興味がなくて、でもオープンキッチンで人前に立つような仕事だからちょっとはちゃんとしないとな、と思うことがあるのです。
で、先方もそれを十分ご存知なのですわ。
サルデのお客さんでもあるのでね。
「堅苦しいお仕事じゃないんですから」
そう言いながら遊び心たっぷりに切ってくれます。
でも昨日はそれがエスカレート。
「眉毛切りますか」
うつらうつらしてたおじさんはこれで目が覚めました。
驚きました。
確かにテレビに出てくるタレントなどは眉毛をちゃんとしてる。
高校球児だっていじるような、そんな時代。
女みたいなことしてんじゃねーよ、なんてのはもう時代遅れなのだそうだ。
とは言ってもなんか怖い。
なんでも初めては怖いものです。
正体不明の恐怖に、すぐにはイエス高須クリニックとは言い出せませんでした。
でも、似合いますよとか言われると弱い。
専門家に言われるなら似合うのかもしれないとイエス又吉しました。
思っていたより作業は簡単に進み、頭髪ともども完成。
新おじさんの爆誕です。

さ、それでは今週もよろしくお願いいたします。
今夜は空席1つ。
明日は満席です。
明後日から空席が目立ちますのでお電話お待ちしております。
では!
 









posted by レ・サルデ at 10:13| 営業日記

2018年02月25日

全国民総武器携帯令

おはようございます、おじさんです。

今朝は曇ってますね。
昨日もコレを書き終えて旗を出しに店外へ出たら曇ってました。
晴れ、とか書いた直後にそうなってるとちょっと、ね。

さて。
一向に減ることのないアメリカの学校での銃乱射事件。
中国での爆発とおなじような国家行事のような感じがあります。
日本ではなんでしょうか。
増水中の用水路の様子を見に行ってそのまま流されるアレでしょうか。
まぁ日本の3倍以上もの、しかも様々な考えたかを持つ人種の集合体ですからね。
色々な事が起こっても不思議じゃない。
今回は生徒たちが銃の撤廃を求めたりして抗議活動に精を出しているようです。
で、じゃぁってことで先生にも銃を携帯させるなんていう案も上がっているそうな。
この発想が凄い。
さすがUSA!といったところ。
先生が銃を持ってたら生徒はうかつに乱射しないだろうというコレ。
でも圧倒的に生徒の方が多いワケだし、先生だって軍人でもないんだから高火力の銃は扱えないはず。
先生が不利だわ。
じゃあってことでアサルトライフルなんか持たせたら、今度は先生がなんかやらかしそう。
いい武器を持つと使いたくなる。
数学教師が教室で銃を乱射、37人全員死亡、教師は自殺。
こういった先生の行動を防止するために、やはり生徒一人一人の心構えも大事。
生徒も全員が銃を持つ。
必携。
生徒手帳にも明記。
フロリダ州では45口径までとか、アイオワ州では予備弾倉は認めないとか、州ごとの法律も整備。
カリフォルニア州では西部開拓時代の伝統を尊重してウィンチェスターOKとか。
お互いがお互いを牽制しあう。
こうすれば乱射事件は減るはずだと思いますよおじさんは。
だって核兵器だってお互いがお互いを牽制しあってるから核戦争が起こらないって言われてるじゃない?
て事は、ですよ。
ライフル協会も生徒もみんなが喜ぶ。
全て丸く収まる。

ような気がするけど、叩かれるんだろなそういうこと言うと。
それでは良い日曜日をお過ごしください。
では!

 

posted by レ・サルデ at 09:21| 営業日記