2018年01月23日

新長靴【実用新案出願中】

おはようございます、南豪雪です。
あなたは、もぉお、わすれたかしらぁ♪

そんな豪雪に見舞われた関東地方。
開けてみれば快晴が広がっています。
その日だけの、一日署長ならぬ一日豪雪地帯でした。
朝から雪かきして、もうすでに体がガタガタです。
雪かき後はビールが旨い!
なんてことを書くとアレですが、実はここの管理人さんがだいぶやってくれました。
ありがたやありがたや。

おじさん、こんな作業していたら、すでに靴下がヌチョヌチョになってしまいました。
いつものクロックス(ビストロ)でしたから。
長靴持ってないのかよ、って声も聞かれそうそうですが、長靴はどうもなぁ。
一体、年間でどのくらい使うのよって考えるとねぇ。
長靴はそのために広大なスペースを収納に要する。
普段使わないものだから、しまっておく。
いざ使おうとするとどこへ行ったか見つからない。
絶対使わないとならないような過酷な状況なら、そもそも長靴なぞ履いて外へ出ないのだ。
大型台風の時に用水路の様子を見に行く時くらいだろう。
そんなの1年に1回か2回。
これらの理由により、長靴を買わずにきた。
でも、事実こうしてつま先がジンジンするような冷えに襲われている。
濡れなければまだなんとかなるのに、濡れてしまうと綿製品はアオトだ。
この悩みを高次元でバランスさせる長靴があればヒットするかもしれない。
完全防水、かさばらない、しかも低価格を実現。
小さく丸められれば、スーツで通勤するおじさんたちにも喜ばれるだろう。
ビジネスバッグにでも忍ばせておける。
低価格であれば使い捨てでも問題ない。

どんな構造、素材にすべきか。
ビーチサンダル程度の底に、ひざ下まではコンド〇ム素材。
これがいいのではないかと今そう思いつきました。
底が無いと歩きにくいし、破れやすい。
伸縮性に富んでいるから脚の太さもある程度カバーできる。
ズボンの裾もまとまるから汚れない。
低価格なのは皆さんご存知の通り。
なにしろ完全防水というのが安心。
この素材が完全防水でなかったら日本の少子化は進んでいないことになる。
少子化に歯止めがかからないということは、完全防水であることの証左。
また、元気いっぱいな若い人たちには特に重宝されるかもしれない。
いよいよとなったらこれが使えるのだ。
バッグに入れておけば夜のコンビニにダッシュする必要が無くなるかもしれない。
カラバリは2色。
男性向きのクールな薄いブルーと女性向きの優しいピンク。
実用新案出願中。

それでは今週もよろしくお願いいたします。
では!

 











posted by レ・サルデ at 09:33| 営業日記