2017年10月25日

おしゃれに変身できるかどうかは別問題

おはようございます、おじさんです。

今朝も雨ですね。
降らなかったのはたった1日だけで、結局元の木阿弥。
でも明日からはいいかもしれません。
らしいです。

さて。
サルデのお客さんはご自身の身なりをちゃんとしてる方が多いです。
あきらかにユニ〇ロには並んでいないであろう服や、ヒラ〇では扱ってないであろう靴。
うらやましくあるけど、でも自宅と店の往復しかしないおじさんにはねぇ。
自宅では裸族だし。
でもたまにどこかへ行かなくてはならない用事もあって、こまるのはそういう時。
協会の集まりだったり見舞いだったり、服を着て出かけなくてはならない事もあるんですわ。
そういうとき、昔の洋服を物色する。
でも入らなかったり、なんか変色してたり、肩に埃が積もってたり。
で、諦める。
結局、いつも床に放りっぱなしの上着を拾い上げて着る。
中は仕込みで着てるようなTシャツだったりするのでチャックを顎まで目いっぱい上げておく。
そうすれば中が何でもわからない。

こんなおじさんに贈り物が届きました。
昨日の午前中、お店に一人の常連さんが。
「サルデおしゃれ番長三銃士」の一人。
クリーニング屋さん帰りに寄ったのかと思いきや、そのクリーニング袋(透明な長いやつ。名前は知らない)の全てがおじさんへのプレゼントだったのだ。
ありがたく頂戴する。
ああ、これで今年の冬は外出が苦にならないぞ、と思ってよく見たら同じものが2つあった。
同サイズの色違いだ。
こういう買い物をするのかと少々驚く。
どうせ買うならまるで違ったタイプのものを買えばいいのに。
そう思うおじさんは素人なのか。
プロはこういう買い物をするんだな。
その後、お昼ご飯を食べに出た。
お礼のメールをし、最後に「25〜25.5cmです」とだけ送った。
そしたら今度は午後にまた彼が再来店。
今度は靴。
しかも靴下まで一緒に。
まさにつま先までのコーディネートが可能。
いやー、ありがたいっすわ。
しかし、ほとんどが新品同様なのにもったいない。
合わなかったのか。
でも試着くらいするだろうに?
飽きてしまったのか。
でも無駄使いしすぎじゃね?

こうして今年も暖かく、おしゃれに冬を越せそうです。
ありがたいです。

さ、週末も台風らしいけど元気出していきましょう。
では!
掛け布団収集が趣味の方はいらっしゃいませんか。
タオルケットが厳しくなってきました。









posted by レ・サルデ at 09:08| 営業日記