2017年10月03日

長雨、セミ、エアコン

おはようございます、おじさんです。

小雨の降る朝です。
今日はずっとこんなお天気なのでしょうか。
もしかして「秋の長雨」に突入してしまったのでしょうか。

長雨、と言えば。
なぜこんな言葉を覚えているのか、それが不思議でなりません。
こんな単語を知ったのはいつの頃だったろうか。
だいぶ昔の、人生の初期の頃だったことでしょう。
そしてこんな単語を一年に何回発音したろうか。
生涯で50回も無かったのではないでしょうか。
天気予報士だったならいざ知らず「1978年、1999年は一度も口にしなかった」なんてこともあったでしょう。
ぞれなのに、こうしてスッと出てくる。
天才なのかもしれませんね、おじさんは。
前から薄々感づいていましたが。

長雨と言えば、気象について話を膨らませてみます。
昨日の定休日、所用で出かけました。
時刻は17時頃だったでしょうか、その町の小さな公園でセミが鳴いていました。
もう10月というのに、まさかのセミの声に激しく仰天しました。
遅く地上に出てきたセミなのでしょうか??
たった独りで鳴くその声は一体だれを呼んでいるのでしょうか。
少し悲しくなりました。

そろそろエアコンもその役目を一時休止する頃かもしれませんね。
まだ少し暑いので稼働させていますが、さすがに設定温度を少し上げました。
朝、目覚めると腕とかの温度が死人のソレのように冷たくなっているからです。
まるで自分の腕でないような、冷蔵庫から取り出した肉塊のように冷たい。
だから温度を上げました。
あともう少し頑張ってもらいますか。
暖房にするまで、自宅のエアコンも少しの間の遅い夏休み。

それでは今週もよろしくお願いいたします。
プロセッコ祭、やってます。
では!

 














posted by レ・サルデ at 08:51| 営業日記