2017年10月27日

せっかく覚えても無駄でした

おはようございます、おじさんです。

今朝もいいお天気ですなー。
この調子で頼みまっせーお天道さん!

仰天ニュースが見つかりました。
誰もが知ってる「足利尊氏」さん。
まずここの書き出しからして違和感を禁じ得ないのですが、それは後程。
彼の顔が決まった、というのだ。
ニュースの記事を読むと、どうも彼の顔はあやふやだったらしく、歴史研究家の中でも議論されていた様子。
おじさんにしてみれば「何をバカなことを言ってるんだ足利さんはコレでしょ」。
たぶん、それは皆さんと同じあの彼ですよ。
一応、ここに貼ってみます。
81306024002266.jpg
今は日本史のテスト。
ここで問題です。
歴史的に有名なこの人物の名前を以下から選びなさい。
1.菅原道真
2.足利尊氏
3.坂上田村麻呂

そう、正解は「2」ですね。
彼こそが足利尊氏。
これ見て坂上田村麻呂と答える人はいないでしょう。
でも違ったらしい。
肖像画が発見されて、それをよく調べたらそっちが本人だったらしいですわ。
気になる人はニュースを調べてみてください。
じゃあこっちは誰なんだって話。
ま、それはいいか。
問題なのは「学校でインチキ情報を教えられておじさんの中の足利尊氏が崩壊したこと」だ。
この刀を担いで兜もかぶらない、鉄パイプとノーヘルといった、どことなく暴走族を思わせる勇ましい男。
彼こそがおじさんの中の足利尊氏のイメージ。
まさに戦国武将そのもの。
記録のあやふやな大昔の事なんだからしょうがないじゃん!
それはわかる。
それを理解しないワケじゃない。
だったらテストで鎌倉幕府のできた年を間違えたってバツを付けるのをやめたらいいじゃないか。
それを言いたいの。
もしかしたら違うかもしれないじゃないか。
ま、それもしょうがない。

もっと大きな問題がある。
これとは別。
これはおじさんが子供の頃からずーっと疑問に思ってたことを、今、ここで発表します。
足利尊氏の両親は、なぜ息子にこんな名前を付けたのか。
キラキラネームなの?
ややこしい呼ばれ方するだろうに、そんなことも気づかなかったのか。
足利尊氏氏。
もしかしたら「足利尊」氏だったりする可能性も秘めているのか。

さ、仕事仕事。
例年通り、ヒマな金曜。
ゆっくり仕事するか。
では!

※書き終わってから何気なく調べてみたら、尊氏ってのは改名した結果らしいですわ。
また無知をひけらかしてしまった。。。
又太郎ってのが子供の時の名前らしいです。
桃から生まれた桃太郎。
そんな意味なのか。











posted by レ・サルデ at 09:27| 営業日記

2017年10月26日

お腹のニュース2件

おはようございます、おじさんです。

今朝はスッキリ青空秋晴れ。
イヨッ待ってました!大統領!

そんな気持ちのいい朝ですが、気持ちの悪いニュースを発見してしましました。
ブラジルで妊婦のお腹を切り裂き、胎児を奪って逃走したカップルが逮捕されたそうです。
激しすぎる強盗。
この二人は子供が欲しくての犯行だそうですが、どうやってこんな発想になるのでしょうか。
全く理解できません。
即死刑でいいでしょうね。
あ、安心してください。
子供は無事に親類のところへ届けられたそうです。
こっちもたくましいなオイ。

似た事件が日本でもあったようです。
一昨日、北海道で173匹ものサケの腹を裂かれ、大量のイクラが盗まれたようです。
高騰するイクラに目を付けた犯人の仕業でしょうね。
今年は特に高値ですから。
でもこれって毎年恒例のニュースになりつつありますよね。
熊はお腹いっぱいになればもうそれ以上イクラを食べない。
でも人間は欲深い。
いくらでも持っていきますよイクラだけに。
被害総額はいくらになるか見当もつきませんねイクラだけに。
犯人はイクラの売却益でイメクラ豪遊するでしょうね。

さ、今日は気持ちよく一日が過ごせそうですよ!
では! 






posted by レ・サルデ at 09:21| 営業日記

2017年10月25日

おしゃれに変身できるかどうかは別問題

おはようございます、おじさんです。

今朝も雨ですね。
降らなかったのはたった1日だけで、結局元の木阿弥。
でも明日からはいいかもしれません。
らしいです。

さて。
サルデのお客さんはご自身の身なりをちゃんとしてる方が多いです。
あきらかにユニ〇ロには並んでいないであろう服や、ヒラ〇では扱ってないであろう靴。
うらやましくあるけど、でも自宅と店の往復しかしないおじさんにはねぇ。
自宅では裸族だし。
でもたまにどこかへ行かなくてはならない用事もあって、こまるのはそういう時。
協会の集まりだったり見舞いだったり、服を着て出かけなくてはならない事もあるんですわ。
そういうとき、昔の洋服を物色する。
でも入らなかったり、なんか変色してたり、肩に埃が積もってたり。
で、諦める。
結局、いつも床に放りっぱなしの上着を拾い上げて着る。
中は仕込みで着てるようなTシャツだったりするのでチャックを顎まで目いっぱい上げておく。
そうすれば中が何でもわからない。

こんなおじさんに贈り物が届きました。
昨日の午前中、お店に一人の常連さんが。
「サルデおしゃれ番長三銃士」の一人。
クリーニング屋さん帰りに寄ったのかと思いきや、そのクリーニング袋(透明な長いやつ。名前は知らない)の全てがおじさんへのプレゼントだったのだ。
ありがたく頂戴する。
ああ、これで今年の冬は外出が苦にならないぞ、と思ってよく見たら同じものが2つあった。
同サイズの色違いだ。
こういう買い物をするのかと少々驚く。
どうせ買うならまるで違ったタイプのものを買えばいいのに。
そう思うおじさんは素人なのか。
プロはこういう買い物をするんだな。
その後、お昼ご飯を食べに出た。
お礼のメールをし、最後に「25〜25.5cmです」とだけ送った。
そしたら今度は午後にまた彼が再来店。
今度は靴。
しかも靴下まで一緒に。
まさにつま先までのコーディネートが可能。
いやー、ありがたいっすわ。
しかし、ほとんどが新品同様なのにもったいない。
合わなかったのか。
でも試着くらいするだろうに?
飽きてしまったのか。
でも無駄使いしすぎじゃね?

こうして今年も暖かく、おしゃれに冬を越せそうです。
ありがたいです。

さ、週末も台風らしいけど元気出していきましょう。
では!
掛け布団収集が趣味の方はいらっしゃいませんか。
タオルケットが厳しくなってきました。









posted by レ・サルデ at 09:08| 営業日記