2017年07月23日

さぁどうやって仕事しようか(苦笑

おはようございます、おじさんです。

曇ってますね。
予報によれば一日中曇り空のようです。
気温もこれまでのようにアホほど高くなく、若干ではありますがいくぶん過ごしやすそうです。

さて。
昨夜の夜営業中の事です。
パスタを作っている最中、左手首からイオンが。
「パキッ」
はっきり聞こえました。
指がポキッと鳴るような、そんな音です。
ちょっと痛みが走りましたが、もちろん作業は続行。
その皿を送り出し、フライパンを洗おうとしたときやはり左手首に痛みが。
ずっと気になりながらも、でもどうすることも出来ずに営業終了。
帰宅してシャワーから出て、改めて確認。
腫れてる。
しかも左肘あたりも痛く、そこから手首にかけて薄っすらと痛みがあることも分かった。
手首周りの骨折をしたことがあるので、今回もそれを疑った。
小骨のどこかがやられたのかも。
でも発熱しないし、それもどうかと思った。
まず、モーラスパッチを手首に貼る。
そしてアイスノンで左手全体を挟み込んだ。
アイスノンをタオルで巻いて、それをU字型にして、そこに腕を挟み込み、バラバラにならないように全体を袋で包んだ。
この袋はモロゾフのアイスクリームの袋が最適な大きさであることが今回分かった。
文字で伝えきれる自信が無いので画像の力を借りることにします。
こんな感じです。
DSC_1284.JPG
黄緑色のがタオルです。
それでも痛みは和らぐことなく、寝たり起きたりを繰り返しながら朝になりました。
で、店に来てみた。
道中、歩く振動で痛みは出るものの、スマホは握れる。
でも握ってグーを作ると痛みはピークに。
とてもフライパンは握れる予感がしない。
腕を上げても下げても、どうしてもズキズキする。
でもマウントレーニアのカップは持てるし、こうしてキーボードも叩ける。
痛いけど、できないって程ではない。
でも明らかに異常。
そそて何かの拍子に変な角度になるのか、激痛が走る。
さっき、パンを発酵させようとニーダーを持ち上げるときにコールドテーブルに手をついた。
もの凄く痛くて悲鳴を上げそうになった。
上げなかったけど。
これ、たぶん軟骨か何かをやってしまったような気がします。
三角線維軟骨複合体損傷か。
俗にいうTFCC損傷。
テニスの選手とかがなるやつ。
それにしても常に痛いっておかしいな。

最近、体がガタガタ。
足の裏もボロボロだ(例の薬剤をまた使った)。
悪いスパイラルに飲み込まれてるような気がする。
こういうときには注意が必要だ。
ニーダーのドゥフックに手を巻き込まれて手首を切断してしまったり、
降り下ろした包丁で自分の膝のお皿を真っ二つにしてしまったり。
包丁を洗おうとしてそのままつまずいて喉に刺してしまったり。
そうならならいように注意しなくてはならない。

それでは皆様良い日曜日をお過ごしください。
では!
 



posted by レ・サルデ at 09:41| 営業日記