2017年07月19日

白紙の一面

おはようございます、おじさんです。

昨日は振替休業でした。
何をしたか。
何もせず、ほとんどを寝て過ごしました。
布団のせんべい化促進。
動く気がしなかったという感じです。
こんなことは数年に一度あるかどうか。
実にムダな一日を浪費してしまい、激しく後悔しています。

寝ていた、というのはゴロゴロしていたという意味でもあります。
で、ニュースを細かくチェックする。
蓮舫さんの二重国籍問題とか、都心に降った雹であるとか。
昨日も話題がたくさんありました。
たまに不思議に思うことがあります。
全くニュースのネタが無い日なんてあるのだろうか、と。
北朝鮮がミサイルを打たず、兵庫県で殺人も起こらない。
先生が生徒にわいせつな事もせず、奇跡的に交通事故も発生しない。
雨は降っても土石流なんて起きず、トランプ大統領もバカンス中。
何も書くことがない、そんな記者泣かせの日。
これだけの人間が世界で活動しているのだから、何かしらあるのだろうけど。
でも奇跡は起こるものであって、起こらないなら奇跡なんて言葉は無いのだ。
そうなったら「全く書くことが無い」というのが一大ニュースになるのかもしれない。

それではみなさまよろしくお願いいたします。
ごきげんよう。








posted by レ・サルデ at 08:55| 営業日記