2017年04月06日

そんな店じゃない

おはようございます、おじさんです。

いいお天気ですね。
これは新学期、新入社員を応援しているお天気ですわ。
神様のイキなはからい。

つい先日の出来事。
「今日はヒマだろな」
そんな思いで開店数十分前を過ごしていました。
メニューを書いたりなんやかや。
そこへ数名の方々がドヤドヤと。
「ちょっと早いけどいい??」
勢いに押され、店内奥にご案内。
「できるやつでいいから」
「ゆっくり飲んで待ってるから」
そうですか、と言いながらもバタバタと準備。
早く準備できるものをボツボツとお出ししながら時間が経ちました。
しばらくすると予約外のお客さんもチラホラ。
先のお客さん達はやたらワインを開けている。
もう何本目だろうか。
いい加減に時間が経ったころ、別のお客さん(常連さん)がレジまでやってきた。
「あそこのテーブルの一人を知っているのだけど思い出せない」
実はこちらも彼らのお顔を思い出していた頃でした。
疑問が解消される時が来ました。
そのグループの一人がやってきました。
「タクシー呼んでください。個人タクシー」
人数分のタクシーを呼んだけど、あれ1台少ない。
さっきから斜め前に停車してた車に気が付く。
暗闇に黒い車でエンジン停止させてるから目立たなかった。
ああそういうことか。
1台少ないことに合点がいきました。
1台ごとに深々をお辞儀をしてお帰りいただきましたわ。

激しい疑問。
そんな方々なのになぜ予約をして来ないのか。
引率者はどうかしてるぜ。
ここまで来て休んでいたらどうしてたのか。
その引率者も驚くような方でしたが。
まぁ気軽に使っていただくのはいいのです。
それでも事前に知っていたら臨時休業したかもww
そんな夜もありましたとさ。

では!















posted by レ・サルデ at 09:33| 営業日記