2017年02月17日

名入りが壊れる不吉

おはようございます、おじさんです。

今朝は晴れているのですが、風が強いですね。
予報では「春一番かもね」と言っていますがどうでしょうか。
どちらにせよ風は弱めがうれしいです。

さて。
昨日、ひとつのものが壊れました。
デシャップ上に掛けてあるエンゼルの焼き物。
サルデの名前を書いた「デ・シモーネ」のアレです。
何かのはずみで落下したらしい。
名入りのものが壊れるこの不吉。
T社さんの暗雲とともにサルデの近未来を占うかのような出来事。
西口は何もかもが壊れていくのか。

2年前にシチリアから帰ってくるときに専門店で買い集めたもののひとつ。
いかにもなシチリアらしいデザインでおじさんのお気に入り。
でもこうして飾ってあるんだから壊れたっておかしくない。
どうしても壊したくなかったら寺田トランクルームにでも厳重に保管すべきなのだ。
とは言っても、じゃぁ壊れてもいいのかって言えばそうじゃない。
これから修復作業に入ります。
修復には最大限の注意を払わないといけません。

fresco-photo.jpg

こうならないためにも。
幸いパーツは粉砕されていないので作業は難航しないはず。
ちょっとやってみます。

では!

 






posted by レ・サルデ at 09:19| 営業日記