2017年01月24日

餅の恐怖

おはようございます、おじさんです。

今朝も日本晴れ。
こんなにいいお天気だとかえって薄気味悪くなるってもんです。

さて。
新年、というにはいささか過ぎた感があります。
もういつまでも正月気分でいるワケにはいきません。
おじさんはまだお屠蘇気分ですが。

この時期、毎年気になることがあります。
新春の風物死。
餅事件でどれだけ被害が出たのか、という事です。
この日本製の白いクラスター爆弾、餅の殺傷能力は高い。
東京都だけで救急搬送されるケースが年間100件程度。
胃がん、交通事故、心臓病、脳血管系、に続く死亡率※ウソ
海で獲れる同じ白いクラスター爆弾、「トラフグ」よりもヤバイ食物なのだ。
でも日本の老人たちは自らチャレンジする。
やめとけばいいのに餅を食べる。
提供する家族も家族だ。
ほら、おじいちゃん!焼けたよ!温かいうちに食べて!
アチチ、熱いのぉ。ハフハフ
そして家族はニヤニヤしながらそれを横で見てる。
老人と暮らしたことが無いからわからんばってんが。

おじさんは怖いから餅は食べません。
2014年あたりに食べたのが最後かも。
ニチャっとしたのが好きじゃないし、歯の詰め物が取れたら損するし。
こんなこと書いておきながら、喉に詰まらせて死んだら笑いものになるし。
詰まらせても誰も掃除機を持ってきてくれないだろうし。

さ、今日も頑張りましょう。
今週もよろしくお願いいたします。
では!

 






posted by レ・サルデ at 08:37| 営業日記