2017年01月31日

いつもと違う1

おはようございます、おじさんです。

今朝もいいお天気。
強かった風もなんとかおさまったかな。

さて。
先日、一通のメールが来ました。
どれどれ、と開封。
なにやら意味不明な内容。
「ああ、いつもの迷惑メールか」
たったそれだけの感想。
おじさんの携帯には毎日迷惑メールが降り注いでくるので気にもしない。
それがちょっと違ったやり方だったので今回はシリーズでお届けいたします。
まず最初の1通目をご紹介いたしましょう。

Screenshot1_20170131-083156.png

タイトルは見慣れたセリフ。
彼らの常套手段。
誤配信を装います。
で、こちらもいつものように返信。

Screenshot2_20170131-083306.png

送ってから少し後悔。
「どちらさまですか?」
こちらの方が少し丁寧だった。
ぞんざいに感じられたかな、傷ついてないかな、と少し反省。

さ、ここから事態は少しづつ変化していきます。
続きはまた明日。

それでは今週もよろしくお願いいたします。
では!
posted by レ・サルデ at 11:24| 営業日記

2017年01月29日

ラーメンの思い出

おはようございます、おじさんです。

今朝もいいお天気ですね。
「今日という日は二度と無い」
よくそんなことを聞きますが、毎日を大切に生きたいものです。

今日は日曜日。
市場は休みだし、仕込みは少ないし時間に余裕。
なので昔話でもしてみたいと思います。

おじさんは昔から「記録」が大好き。
あ、今年は去年より2日早く長袖を着たな。
おかしいな一昨年はこの日に初サンマを食べたのに。
ほとんどが覚えている事なのですが、PCなどに記録を付けているのもがあります。
それはある一部の食事について。
記録している食事は数種類あるのですが、ここは昔話に結び付けてみます。
ラーメンです。

おじさんは学生時代、こんなことをしたことがあります。
今考えると馬鹿なことをしたもんだと。
とかく学生はお金が無いものですな。
おじさんも多聞に漏れず、いつもピーピー言ってました。
実験で結構忙しく、それでも遊んだりするもんだから寝ずにアルバイトしてました。
いつだって金欠だから食べるものも粗末になり、毎食がラーメンになったり。
たまにはチャーシュー麺も食べたいけど、グッとこらえて普通のラーメン。
でもやっぱりチャーシュー麺を食べたいのが正直なとこなのだ。
でもチャーシュー麺は高い。
スーパーで買えばあんなに安いのに、ラーメン屋さんでチャーシューを追加すると高い。
まぁ店なんだから当然。
んな事ぁ学生でもわかる。
そんなチャーシュー麺は憧れの存在。
壁に貼られたメニューの中でもひときわ輝いて見えたものである。
バイト代が入った時、思い切って注文してみようと思った事は何度もあった
でも普通のラーメンに1切れ入っているチャーシューで我慢する。
金欠はイコール我慢である。
でもある日、その気持ちをこらえきれなくなった。
若者らしく爆発してしまったのである。

お店にタッパーに詰めたチャーシューを持ち込んで。
いや、そんな事はしない。
学生街のラーメン屋さんなので、学生の出禁になったら学内で血祭りになる。
おじさんは口にチャーシューを詰め込んでお店に向かった。
予定では普通のラーメンが目の前に到着したら、次の瞬間にそのラーメンはチャーシュー麺に早変わりするはずだった。
でもそれは叶わなかった。
サミットで買ったチャーシューを口の中に詰め込み歩き出す。
歩き出して5分もしないうちに窒息死しそうになった。
一度やってみるといい。
口いっぱいに物をほおばって、歩いてみるといい。
鼻で息ができるとかできないとかでなく、顎を開け続けることは拷問に等しい。
結局、店の遥か手前でモグモグしてしまった。
ラーメン屋さんの隣がサミットだったらあるいはいけたかもしれないと思うと悔しかった。

そんな悔しさはいつまでも心に残った。
敗因はサミットとお店の距離だけど、チャーシューにも問題があったのではないかとも考えた。
今度は煮卵でやってみようと思った。
バイト代が入ったときなどたまに煮卵をトッピングする時があった。
チャーシュー麺には届かないけど、煮卵だったら。
でもワクワクしながら待っていたのに半割れしか入っておらずがっかりした事も多かった。
結局5年後におじさんは卒業。
たしか記憶では卒業の前日か前々日だったと思う。
今度は煮卵を口に入れて。
いやいやそんな馬鹿なことはしない。
万が一でもつるりと喉に入ってしまったらどうするのか。
煮卵がメリメリと食道破壊しながら胃袋に落ちていく。
途中で気道を圧迫。
想像してみて欲しい。
恐ろしい。
ウズラの卵にした。
サミットでウズラの水煮缶を購入。
それを口いっぱいにほおばって歩き出す。
万が一喉に入っても安心サイズ。
しかも途中で温まって一石二鳥。
今度はウズラに合う家系ラーメンだ。
注文のラーメンが到着したらウミガメよろしくバラバラと産卵すればよい。
でもこれもダメだった。
やはり口にほおばって歩くというのは非常に困難なことなのを知った。
結局これもモグモグしてしまった。

敗因を分析してみる。
まず、口に何であれ物を詰め込んで歩くというのは非常に難易度が高い、という事。
これに尽きる。
サミットの至近距離にラーメン屋さんが無かったというのも一理ある。
こうしておじさんの夢は絶たれたまま。
で、今これを書いてて思ったけど、尻手のサミットのすぐ左手はラーメン屋さんだわ。

それでは皆様、良い日曜日をお過ごしください。
では!

 




posted by レ・サルデ at 09:38| 営業日記

2017年01月28日

インフルエンザとベンザエースはやや似てる

おはようございます、おじさんです。

今朝は風もおさまり過ごしやすい感じがします。
昨夜の風は凄かった。
おじさんもスカートも危なかったぁ。

そんなことより。
今、巷ではインフルエンザが流行っているらしいですよ、奥さん。
最新の1週間の患者数は161万人だそうです。
約12,000万の国民数ですから5人に1人はインフルエンザにかかっている計算になります。
↑経産間違い←漢字間違い←PCが悪い
インフルエンザの予防にはいくつかの手段が知られています。
まぁ完全に防ぐことはできないけど、確率を下げることは可能。
手洗いうがい、なんてのは有名ですね。
一番基本的なことが一番効果的だったりするものです。
人から人へ感染する、というのであれば握手をしない、ってのも手です←ツッコミ待ち。
非社交的なヤツと思われても仕方ない。
マスクをするのもいいらしいですよ。
流行に敏感な若者を中心に一年中マスクする習慣が浸透してきているのでこれは簡単に受け入れられそうですね。
でも花粉症のマスク程度だとスカスカらしので二枚重ねしてみてはどうでしょうか。
余談ですが、おじさんは初めてエッチをしたとき、怖くて二枚重ねしました。
昔から用心深かった。
いきなりの余談失礼。
話は戻ります。
ですのでチューなんか感染覚悟の自殺行為。
インフルエンザが撲滅されるその日までおあずけです。
栄養を十分に採るというのも大事なポイントです。
病気に負けないからだを作る、これ大事ですね。
特にオリーブオイル、トマト、などがインフルエンザに効果大。
ムール貝やエスプレッソなどもいいらしいです。
※おじさん調べ

せっかく予約してたのにインフルエンザになってしまってキャンセル。
そんなことにならないようにご注意ください。
もしかかってしまったら十分なケアを。
「熱も38℃まで下がったしせっかくだから行くか」
来ないでくださいね(笑)
よろしくお願いいたします。

では良い週末をお過ごしください。
では!








posted by レ・サルデ at 08:16| 営業日記